脱スライサーを目指して

脱スライサーを目指して

ゴルフを始めたばかりのほとんどの人を悩ますのがスライス。ボールが右に曲がっていってしまうことを言いますが、このボールを持ち球にしている人を“スライサー”と呼びます。包丁やナイフで食材をカットするところから来ているようですが、ゴルファーにはありがたくない名称とも言えるでしょう。今回は脱スライサーを目指してというお話です。

スライサーが克服しなくてはいけない点は2つ。クラブの動きと腕の動きを理解し覚えるということが挙げられます。
まずはクラブの動きですが、“回して使う”と覚えましょう。シャフト&グリップはクラブヘッドのヒール側についている関係上、構造的にもヘッドを右に動かしたら右、左に動かしたら左に倒れてしまいますので、ヘッドが倒れる時にシャフト&グリップは一緒に回転しながら動きます。この動きをスライサーに当てはめるとトップからインパクトにかけてクラブヘッドを右回転させて戻してしまう場合とバックスイングからトップにかけて右回転したものをそのまま戻してくる場合がありますが、どちらにせよクラブヘッドが右に倒れた状態でインパクトを迎えてしまうことには変わりありません。つまり、バックスイングを開始した段階でクラブは右に回転させながら振り上げさせられているので、ダウンスイング中にヘッド、シャフト、グリップのいずれかを左に回転させながら振り下ろすことができればいいということになります。

次に腕の動きですが、“曲げ伸ばしと回旋”と覚えましょう。簡単にはヒジと前腕部が連動して行われる動作をいかに上手に出来るかということになります。腕を使うな、身体を回せば腕やクラブはついてくるといったことは腕の動きを無意識に出来るようになったら考えましょう。ヒジから手首までの前腕部には尺骨(しゃっこつ)・橈骨(とうこつ)の2本の骨があります。ヒジの曲げ伸ばしをすると前腕部が回転(内・外回旋)することが見て取れます。つまり、バックスイングを開始した段階で徐々に右ヒジが曲がっていくことで両前腕部は右回転(外回旋)させられるので、ダウンスイング以降は曲がった右ヒジをアドレスの位置の長さに戻すため伸ばしながら両前腕部を左回転(内回旋)できればいいということになります。

このように見てみると、クラブの動きと腕の動きには共通点があります。それは右に回して左に回わすということです。いかにクラブの動きと前腕部の動きを連動させるかが大事な要素になるわけですが、そのためには正しいグリップで握ることが求められます。自身の骨格に沿ってグリップするということは前腕部のねじれも自然になります。前腕部が内側にねじれている人はスイング中の回旋が少なくなり、ねじれていない人は回旋が多くなります。

正しいクラブの握り方ができたらクラブの動きも素直に動きます。それでは3つのドリルでチェックしましょう。
まずひとつ目は片手打ち。片手に持ってクラブを振ってみてください。最初は左右それぞれに持ってブランブランさせるだけでもOKです。徐々にハーフスイングに移行しましょう。ふたつ目のドリルは前傾を解いて水平素振りです。最初は腰の高さにグリップを置き、クラブヘッドは胸の高さに置いて行いましょう。そうすることで、どのようにクラブが動き、ヒジと前腕部が動いているかまたは動かさないといけないかを理解できるでしょう。最後に両足を閉じた状態で前傾してスイングしてみてください。クラブの動きと腕の動きを正しく動かせていたらボールはストレートからドロー、いわゆる左回転した力強いボールが飛んでいくことになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ