脱フッカーを目指して

脱フッカーを目指して

スライスを克服したあとに訪れるのがフック。さらにボールが急激に左に曲がることを俗に“チーピン”、“ヒッカケ”とも言いますが、このボールを持ち球にしている人を“フッカー”と呼びます。飛距離が出るタイプに多いのですが、ここ一発で大きなミスをしやすいのもこのタイプに言えるでしょう。今回は脱フッカーを目指してというお話です。

せっかく飛距離が出てもOBになってしまっては何にもなりません。なんとか左に行かないよう右を向いてみたり、ボール位置を右に置いたりしてもひどくなるばかり。そのうちボールも上がらなくなってどうしてよいか振るのが怖くなってしまう人も多いのがこの症状です。

フッカーには、インパクトでフェースが左に向いて当たり過ぎているタイプと、スイング軌道がインサイドアウトになり過ぎているタイプがあります。
フェースが左に向いて当たり過ぎているタイプは、いかにフェースが被らないようにするかを考えがちですが、まずはボール位置およびセットアップ時のフェース面をチェックしてみましょう。
ボール位置が左にありすぎているケース。この場合は、ボールは左足かかと線上というセオリーを守り過ぎているかフェースがインパクトまでに戻りきらないスライサーの時の名残りかもしれません。適正なボール位置にすることで適正なインパクトを迎えることが出来るようになります。セットアップ時にフェースを左に向けているケース。この場合は、クラブがフックフェースになっているクラブを使っているか使っていた時の名残りでフックフェースで構えてしまうことになります。クラブフェースがスクエアなものかスクエアに構えるかで弾道も変わるはず。

次にグリップが適正な握りよりストロングになっているケースもしかりです。この場合は、ローテーションのバランスが悪いためグリップを適正にすることが大事です。フェースを被せてから握って前腕部をねじってフェースをスクエアにしている場合もありますので注意が必要です。フェース面を変えないよう過度にシャットにしてバックスイングする場合も同様です。

スイング軌道がインサイドアウトになり過ぎているタイプは、バックスイングで引っ張り込むケースと、左サイドに振るスペースがないケースがあります。この場合もまずはボール位置およびセットアップ時の上半身の向きをチェックしましょう。ボール位置が右にありすぎると上半身も右に向きやすくなりますし、逆も同様です。結果、飛球線に対して過度なインサイドアウトの引っ張り込む軌道になりやすく、インパクト時にドライブを掛けることになります。

左サイドに振るスペースがないケースは、身体の回転が止まってしまうため上に振り上げることになる場合と腕をインサイドから煽るように使う場合があります。
身体の回転が止まってしまう場合はインパクトありきになり過ぎる傾向にあるため、フィニッシュをインプットしてそこまで振るように終点の位置を変えてみましょう。インサイドから煽ってしまう場合はシャフトを立てて使い、グリップやクラブが身体から離れていってしまわないようにしましょう。

左に曲がるボールが出始めると、セットアップに狂いが生じるとともに思いっきりの良さがなくなって腕も身体もブレーキが掛りやすくなります。クラブは急には止まれないので急激にフェースがターンしてしまうことになります。左に曲がることはベクトルが一致しているわけですから悪いことではありません。やり過ぎている部分の修正に努めてください。

黒田正夫

Page Topへ