ショートヒッター卒業

ショートヒッター卒業

スライスもフックも克服したけれど、いまいち飛距離が出ない。ゴルフは飛ばないと面白みが半減するし、残る距離も多くなってしまう。飛距離のアドバンテージが取れないということは次打でハンデを背負っているようなものだという人もいる。ロングヒッターを羨望の眼差しで見てもなにも始まりません。今回はショートヒッターを卒業しようというお話です。

1ヤードでも遠くに飛ばすためにはどうすればいいのだろうと模索しながら練習する毎日だとういう人は大勢いるでしょう。飛距離はもともとのポテンシャルの問題なのだから飛ばないのは当たり前と思っている人もいるでしょう。また、自分に合ったクラブを探す旅に出ている人も多いでしょう。どの考え方も自分に足りないものが何かを探れており、それを求めているわけですからいずれ克服されることと思います。しかしながら少しだけでも近道を考えられたらそれはそれでいいはず。

ボールが飛ばない事をスイングの精度に求めている人は多いでしょう。巷にはスイングに関する情報は目白押しです。メニューが多すぎるレスランのようでどれが自分にとっておいしいものなのかが判りません。そのうちいろいろな味を混ぜてしまって本来の味も・・・。こんなことが起きているようでしたら本来の目的に戻り、効率のいいインパクトを目指しましょう。

そのためには、スイングの姿かたちをなぞるのではなく、インパクトゾーンでどのようにクラブとボールがコンタクトしているかを考えましょう。クラブを指でつまんでクラブを揺らしてみてください。クラブヘッドを含めクラブ全体がどう動きたいのかが見えてきます。このクラブの動きを抑えつけたスイングにならないよう作りあげてください。

もともとのポテンシャルの問題ははっきり言ってあります。筋量であり、瞬発力を出せる質のある筋肉かどうかなど。筋トレやストレッチをしてくださいとういうのは簡単なことですが、まずは今持っているポテンシャルを最大限に発揮するためにどうすればいいかを目指しましょう。

そのためにはグリップ、アドレス、ボール位置など再チェックしましょう。手首が固まってしまうくらいしっかり握らないとすっぽ抜けてしまう感覚があるようなグリップの仕方であったら、無駄な力が入らない骨格に沿ったクラブの持ち方を。骨盤がしっかりせず力が入っていない感じであったり、全体にリキミのあるアドレスの仕方であったら、すぐに動き出せるような自然体でバランスのよい立ち方を。トップしたりダフッたり、先に当たったりするようなボール位置であったら、クラブを振ったら必ず当たってしまい、勢いよく飛んでしまうパワーポイントを探しましょう。

クラブを変えればなにかが変わるということでコロコロとクラブを変えるのは悪いことではありません。同じヘッドでもロフトやシャフトが違えば結果は違ってきますし、お宝さがし的な楽しみもあるでしょう。まずは「初速」「打ち出し角」「スピン量」のいずれかが不足しているかをチェックしてください。不足分を確保できるようにするにはヘッドに求めるのか、シャフトに求めるのかを考えてクラブを選ぶようにしましょう。また同じ傾向のクラブではなく、真反対のクラブを試すことも大事です。自分の好きなものと結果の出るものが違う場合もおおいにあるからです。

ゴルフはボールが遠くに飛んでいくスポーツなのですから遠くまで飛ばせた爽快感を忘れずにいましょう。飛距離を諦めてはいけません。ただし、いつ出るかわからない一発ではゴルフにはなりませんのでそのあたりは間違えないようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ