バックスイングのシャットフェースにこだわるな

バックスイングのシャットフェースにこだわるな

何年やってもスライスに悩む人の中に、バックスイングでのシャット(閉じる)フェースにこだわっている人を結構見受けられます。真っ直ぐ飛ばしたいからパターと同じように“真っ直ぐ”にクラブフェースを使おうとしたり、右に曲げたくないという思いも手伝い、クラブフェースを大きく左に向けて被せて構える人もいます。今回はどうしたらシャットフェースにこだわらなくなるかというお話です。

クラブが大型&長尺化してきたことが振り遅れやスライスの主な原因としても挙げられてきました。その対策のひとつとしてバックスイング時においてフェースを開かず、閉じながら上げることが有効と言われた時期もありました。確かに一時期のドライバーに関しては急激にヘッドが大型化したことによりインパクトまでにフェースが戻らず、オープンフェースになりやすいものもありました。しかしここ数年の技術革新により、そのあたりの欠点は払拭されつつあるのですから、意識過剰にならないように注意しましょう。

少しでもフェースの向きが変わると曲がってしまうのではないかと思っている人はクラブの使い方を勘違いしていることになります。
クラブは扇状に動かしながら回して使うことが大事です。ゴルフは地面にあるボールを打つため、必ず前傾しなくてはなりません。そのためクラブは前傾に対しては水平に近い動きをすることが常に求められているのですが、前傾したことによりクラブが斜めに動いているように見えるため、このことがクラブの動きを錯覚させてしまうことになります。

まずは、通常通りアドレスを行ってください。次に錯覚を取り除くために前傾を解きましょう。そうするとグリップはへその前、クラブヘッドは胸の前にあるはずです。その態勢が整いましたら、クラブヘッドを左右に揺らしてください。連動して左右の前腕部が回旋されるはずです。回旋を大きくしていくと両肘も動き出し、同時に脇が締まる感覚も解ってくると思います。注意するべき点としては、グリップが左右対称に握られている方はクラブヘッドを動かすと左右の前腕部およびヒジの動きは同じ量動くことになりますが、左右対称に動かそうとする必要はなく、クラブヘッドを動かすと腕がどのように連動しているかをマスターしてもらうということが重要です。

次に勘違いしているケースも覚えておきましょう。もう一度同様な態勢を作って、今度はクラブヘッドを左右に揺らさないようにグリップを動かしてください。両前腕部およびヒジがどのようになりましたか。グリップを動かせば動かすほどヒジが身体から離れ、脇がルーズになることが実感できたはずです。これがシャットフェースにしているのにスライスしている人の動きになります。さらにスライスさせまいとクラブフェースを被せて使っているは悪い動きを増長させてしまうことになるので注意が必要です。目の前にあるクラブフェースの向きだけにこだわり過ぎて全体の動きがないがしろにならないようにしましょう。

クラブフェースの開閉度合はグリップを握った段階ですでに決まっているといっても過言ではありません。いわゆるストロンググリップになればなるほどスイング中の前腕部のローテーションが少なく、アドレス時にすでに左前腕部が内回旋しているためバックスイング時においてシャットフェースになってしまいます。ただし、前傾姿勢の角度よりクラブフェースの角度が下に向いているのはあらゆるミスに繋がりますのでバックスイング時のシャットフェースにはこだわり過ぎないようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ