振り幅だけにこだわらない

振り幅だけにこだわらない

ショットやアプローチやパッティングで何時から何時までとか、腰から腰や肩から肩までといった振り幅で行うといいとセオリーでは言われていますが、なにもこれにこだわる必要はありません。振り幅という基準があって振りやすいのであればそれに越したことはないのですが、ぎこちなくなってしまったり、感性がなくなってしまうのでお薦めはしません。今回は振り幅だけにこだわらないというお話です。

セオリーと言われる振り幅は、振り幅の大きさで距離打つことになりますから、歩測などして距離のジャッジを正確にする必要があります。さらにテンポやリズム感や力感を変えず、一定のスピードで行う必要があるのでオートマチックといえるでしょう。この方法に合っていればこの距離をこのクラブで打つ場合はこの振り幅といった方程式が出来上がり、シンプルなゴルフと成りえるものといえます。

しかしながら、この振り幅に合わない人がいるのも事実です。こういう人は無理に振り幅に合わせることにこだわらず、感性を重視してスイングしてもらうことがいい結果をもたらすことになるかもしれません。感性を重視してスイングするには距離のジャッジは1ヤード刻みで行う必要はなく、大きくズレていなければ大丈夫です。それよりもどんな弾道で打つかをイメージすることの方が重要です。それにより“大きくゆっくり”や“小さく鋭く”といったスピードをイメージすることができます。そのイメージにプラスして“当て感”が微妙な距離感を作り上げることになります。

ショットに関しては、曲げるのか、高さを変えるのか、合わせ技かを明確にすることで、セットアップの仕方が変わってきます。当然ながら、ショットのイメージとセットアップが合わなければミスショットの原因となるため、この部分は振り幅同様、重要視する部分であることは間違いありません。クラブの握る長さに関しても短く持ってスピードを上げたり、長く持って重さを利用したりするため、振り幅の人のように握る長さによってスイングの弧の大きさを変えるのではなく、フレキシブルに目的に応じて自由に変えることになります。

また、ショートゲームに関していえば、そのイメージにあわせてのクラブ選びになるのでグリーン周りはSWやAWのどちらか一本を駆使したり、セオリーに束縛されないクラブ選びをしながら目的に応じて使い方を変えながらいろいろな弾道を打つことに面白みも得られるようになります。

さらに、パッティングに関してはボールをどのようなスピードで転がすかをイメージすることが大事で、そのスピードを出すにあたっての振り幅は無理に決めなくてよいということになります。そして、そのスピードに対してどのようなライン作りがいいかというものなればいいとなります。

このように、振り幅だけでなくマニュアル運転のごとくスピードを変えつつ、自在にボールをコントロールすることでもいいんだということを選択枠の中に組み込んでいただければ、何時から何時までとか、腰から腰や肩から肩までといった振り幅で行うといいとセオリーを守らずとも、きっとゴルフの中身も変わってくることでしょう。

黒田正夫

Page Topへ