狭いホールは曲げて攻めよう

狭いホールは曲げて攻めよう

コースによっては狭いホールに遭遇する場面もあるでしょう。よく見るとそんなに狭くないにもかかわらず前のホールが広かったことでティーグラウンドに立った瞬間、狭さを感じてしまったり、木がせり出していてその先が見えないため狭く見えたり様々です。今回はこんなホールに遭遇した場合、どんな攻め方をしたら良いかというお話です。


狭いホールはスクエアに立って、真っ直ぐなボールでフェアウェイセンターに運びたくなるのが心情ですが、以外にもこれは上手くいかないものです。なぜかというとスクエアに立っているつもりでも目線がフェアウェイセンターに集まりやすく、身体のラインをそこに合わせやすくなります。つまり自分では正しく立っているつもりでもフェアウェイ右サイドに打つように立ってしまうミスを犯しやすくなります。持ち球がドロー系の人であるならばまったく問題はないのですが、スライス系の人ならばOBゾーンすれすれにボールが飛んでいくことになるでしょう。こんなミスを犯さないためにも自分の持ち球とミスした時の傾向を見極めておきましょう。

このようにセットアップでミスしやすい傾向の人は、フェアウェイセンターにボールを運びたい時以外でも右に向く傾向にある人ですから普段から狙った場所に対して、自分がどこに立っていなければならないのかを練習しておく必要があります。

次にドライバーを持ってコントロールする場合、ボールを置きにいくとクラブを振るスピードをコントロールすることになるので腕の振りが鈍くなり、若干の振り遅れ状態になったり、またはフェースローテーションを抑えた状態になってボールが右に行きやすくなる人はフェアウェイ左サイドに狙いをつけておくことをお薦めします。さらにこんな傾向にある人は、ドライバーを短く持ってシャフトのレスポンスをよくしておくと振り遅れや捕まりは改善される場合があるので試してみてください。

これに対して、大きくボールが曲がることでミスしやすい傾向にある人は、その曲りを上手く利用するべきでしょう。例えば打ち出しは真っ直ぐだが落ち際にボールが曲がる傾向にある人は、ティーグラウンドはパラレルに使った方がホールは広く使えます。打ち出しが左右になりブーメランのように戻ってくる傾向の人はティーグラウンドをクロスに使った方が結果はいいでしょう。
それでもコース外に出てしまうようでしたら、フェアウェイウッドやユーティリティ、アイアンで攻めることも視野に入れましょう。ただしこの場合はホールが短かったり、ロングヒッターであることが条件になりますから、くれぐれもセカンドショットで無理しないようなマネジメントに徹してください。

上級者であればボールを意図的に曲げてホールを攻めることはおおいにあることでしょう。それがショットの楽しさのひとつにもなっているからです。ステップアップを目指す中級者の方はどのようにするとボールを曲げられるのかを練習しておく必要があります。フェース面を変えるタイプかスイングの軌道で変えるタイプかリリースポイントを変えていくタイプかなど弾道を変えるにあたっては様々は手法があります。どうするとボールを曲げられるのかを学んでくことがコースを攻めるうえで必要になります。ボールをコントロールするということは真っ直ぐ飛ばすことだけでなく、意図的に曲げることも含みます。狭いホールこそ自分の意図することが明確に表れるケースになるので自分の力量を図るうえでも大いなるチャレンジ精神を持って攻めていってください。

黒田正夫

Page Topへ