傾斜によって落とし所を変える

傾斜によって落とし所を変える

グリーン周りのアプローチで1パット圏内に寄せられるとスコアを崩すことなくストレスのないゴルフに結び付いていくことでしょう。しかしながら、グリーン周りにはワナが一杯。芝生の長さもいろいろ、傾斜も様々と練習場では練習できないシチュエーションが待ち受けています。今回は傾斜によって落とし所を変えましょうというお話です。


グリーン周りで使うクラブはPW以下のウエッジ類が多くなるでしょう。もともと上がりやすいクラブを使いながらもキャリーとランの比率が思うようにいかないのは傾斜の仕業が多分にあります。グリーンは水はけを良くするため周りから1段上げて作られていることがほとんどです。つまり、グリーン周りは左足上がりの傾斜が多くなり、ピンへの角度によって若干のつま先上がりやつま先下がりの傾斜が掛ってきます。グリーンをオーバーしたり、大きくグリーンを外した場合、左足下がりの傾斜でのアプローチを強いられることにもなります。

左足上がりと左足下がりでは同じクラブを使ってもキャリーとランの比率が変わります。それは、クラブのロフトに対して傾斜の角度がプラスされるからです。傾斜に逆らってクラブのロフトを変えないようにする場合もありますが、ロングショット同様、傾斜に沿って振ることの方がミスも少なくなる場合が多いのでアプローチだからといって特別な打ち方を求めないようにしましょう。こうすると打ち出し角が変わるので、それにより落とし所を変えないといけないことを頭に入れておいてもらえればOKです。

グリーン周りで一番遭遇しやすい左足上がりの場合はショートしやすい傾向にあります。打ち上げている分、ロフトが寝るとともに入射角もアッパーになりやすいのでボールが高く上がりランも少なくなります。そう考えるとロフトの多いクラブを使えば使うほど落とし所は限りなくピンに近づいていきます。逆に左足下がりの場合はオーバーしやすい傾向にあります。打ち下ろしている分、ロフトが立ち、ダウンブローになりやすいのでボールは低く出てランも多くなります。ランが多くなる分、落とし所も手前に設定しましょう。しかしながら、ピンをオーバーすることを嫌がるとそれを警戒しすぎてショートしてしまうミスをしやすいので、それだけは避けたいところです。
つま先上がり、つま先下がりについてはそれぞれフック、スライスとサイドスピンが掛りやすいのでファーストバウンドで左右にズレやすくなります。傾斜がきつくなればなるほど打ち出しの方向にも影響を及ぼすのでそれを見越してのライン取りが大事になります。

アプローチはランをどれだけ使うかまたは使わされるのかでクラブ選択を変えるのが一番簡単で、どの傾斜からも傾斜なりに振るのが一番ではあります。しかしながら、平地での距離感や落とし所が傾斜によってどれだけ変わるのかを頭に入れておかないと結果はついてきません。まずは自然体で構えてスイングでのミスが少なくなるようにしてショットの検証をし、確立を高めるようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ