いろいろな握り方を試そう

いろいろな握り方を試そう

ゴルフでは型が大事とされていますが、握り方ひとつをとってもこう握らないといけないようなことが情報として多く発信されています。クラブ自体形状も違えば長さや重さも違います。
ショット、アプローチ、パッティング共に、またはどれかひとつでも悩んでいるものがあったならスイングをいじる前に握り方を変えてみましょうというお話です。

グリップの仕方にも様々な名称がついています。ショットでは左手のコブシの見え方でスクエアやらフックやら、握り方ではインターロッキングやオーバーラッピング他、グリップのセット位置においてはハンドファーストやハンドレートなど、このようにグリップひとつを取って見ても専門用語がたくさんあるので最初のうちは、有名プレーヤーと一緒にしたり、有名プロコーチの推奨するものと一緒にしたりするのは仕方のないことだとは思いますが、グリップの目的は用途に合わせて変えてもいいものであるぐらいのことを認識してもらえるとまずは一歩進むことが出来るでしょう。

ショット時の左手のグリップに関して言えば、見た目ではなく骨格に沿って握ってもらうことが一番ですが、その時にどの指にテンションが掛っているのかをベースにしてもらうことが大切です。フィンガーでもパームでも構いません。左手の中指から小指までの3本をしっかり握った方がいい人もいれば、中指と小指球で挟むように支えるといった人もいます。さらに親指と人差し指でつまむようにした方がいいという人もいるでしょう。また、雑誌等には便宜上左手のこぶしが2つ見えるくらいが“スクエアグリップ”と言っていますが、自分の骨格に沿った握り方を自身のスクエアグリップとして考えるようにしましょう。そこから浅く握ればウイーク、深く握ればストロングもしくはフックとして考えることで自分ベースで考えることが出来るようになります。

右手のグリップに関しても左手の手の平に合わせる、フェース面(ターゲット)に合わせる、骨格に合わせるといった向きに関してのものであったり、中指と薬指で握るまたは人差し指と親指のY字(V字)が出来るように詰めて握るなどいったものもありますが、左右ともに片手で持ってもクラブが振れる握り方であれば合格です。要はいかに少ない力で要領よくクラブを持てるのかを目指してもらえればいいでしょう。

パッティングに関して言えば、ショット以上に様々な握り方が存在します。つまり、狙ったところにボールが思ったように転がるようにするにはどうすればいいのかを考えれば、自然とどんな握り方をしてもOKくらいの気持ちになってもいいはずです。プロの世界ではアンカリング問題で規制の影響を受け長尺を手放した人もいれば、アンカリングしないように工夫して長尺を使い続けている人もいます。長尺はもともと両手を離したスプリットハンドで握っているので、長尺を手放した人はクロスハンドやクロウグリップなど、通常言われている逆オーバーラッピングで握るといったことにこだわらず、変化を恐れずチャレンジしています。パターのヘッドやグリップの特性、長さや重さ、自身の両手の力感バランスによっても握り方は変わるはずです。

上手くいかない握り方でゴルフを覚えると上達が遅れます。現在の指標となるグリップを点検しながら指一本外したり、重ねたり、向きを変えてみたり、大胆にやったことがない握り方をしてみたりしながらクラブヘッドに自分の意志が通じるように工夫してみてください。今までの悩みがなくなるとともに更なるステップアップも見込めることになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ