クラブヘッドの入り方でインパクトが見えてくる

クラブヘッドの入り方でインパクトが見えてくる

寒い季節に差し掛かる、または暖かい季節に向かう時期は芝生が薄くなっていたり、まばらになっていたりします。こういう時期ほど少しのミスが命取りになりやすいものですが、打ちやすく感じる人もいれば、打ちにくく感じる人も。どうしてこんな差が出るのでしょうか。その差はクラブヘッドの入り方にあります。今回はクラブヘッドの入り方でインパクトが見えてくるというお話です。

ホールに近づけば近づくほど、どうしても“正しくコンタクト”したいといった願望が無駄な緊張を作ってしまい、スムーズさをなくしてしまうミスは誰しも経験しているはず。“正しくコンタクト”するためには、インパクトを考えることへの第一歩であるわけですから考え方としてはOKです。ただ、その後の発想がスイングの型に重きを置いてしまいがちになってしまうため、その場所に適応した形に応用できていないミスになりやすくなります。まずはどのようにボールとヘッドとをコンタクトさせることが望ましいのか。そのためにはどのようにアドレスし、スイングするべきなのかと考えていくと型と形がマッチしていくことになるでしょう。

インパクトはボールとヘッドの重心のぶつかり合いのため、いかに力を集約したり分散させたりできるかになります。ですから、その場所に適応した形に考え方が応用できてないと上手くコンタクトできなくなります。フェースの向きだけに目がいきがちですが、クラブヘッドの入り方に注目していきましょう。クラブヘッドの入り方を“入射角”とも言いますが、そこを考えると腕の使い方や構え方、スイングの軌道を変化させながらボールにコンタクトできるようになります。打ち出しから高い球を打ちたかったら入射角を鈍角にしてもらえれば、レベルブローに捉えることが出来るので払った打ち方をしているように見え、逆に打ち出しを低くして、スピンで上がっていく球を打ちたかったら、少し入射角を鋭角にするので、ダウンブローで捉えることになるので打ち込む打ち方をしているように見えてきます。

アドレスしているとボールを上から見ているので分かりづらいのですが、ボールを上から見るものだと考えている人はなかなかクラブヘッドの入り方は見えてきません。そんな人は目線を変えてボールの位置まで目線を下げてクラブヘッドがどんな角度でボールにコンタクトしているかをイメージし膨らませてもらうといいでしょう。実際、練習場などでも隣の打席の上手な人のインパクトを見ているだけでも相当参考になるはず。スイングの動きを見て真似るのではなく、インパクトを盗めるようになってきたらコツを掴んだも同然です。

クラブによってインパクトで打ち込むように、払うようにといったニュアンスがあるますが、それはクラブの長さによってスイング軌道は変わりやすく、それにより最下点で地面にタッチしたクラブヘッドの芝生の削れ方が深くなったり、浅くなったりが見られるからであり、適正な入射角を目指す意味でも情報のひとつとして頭に入れておいてほしいものです。

余談ですが、ラウンド中に目土をするといいインパクトを迎えたディボット跡とミスをしたディボット跡、さらにどんなミスをしたのかまで内容が分かります。
飛球線に対してどういう軌道でクラブヘッドが抜けていったか、地面が削れた深さはどうなのか。例えば、アウトサイドインに振っているとディボット跡は飛球線よりかなり左に向いて削れており、飛球線側になればなるほど深く削れているはずです。
今度のラウンドの時にはぜひ、人のディボット跡と自分のディボット跡を見比べてみましょう。自分がどんな入射角でインパクト出来たか。ディボット跡が浅くて長く、入口では飛球線に対して直角、出口付近ではトゥ側が少し長い形が出来ていたら満点です。ボールも自分の思い通りの軌道を描きながら飛んでいくことでしょう。

黒田正夫

Page Topへ