素振りの姿が自分の教本

素振りの姿が自分の教本

誰しもドライバーは真っ直ぐ遠くへ飛ばし、アイアンはピンに真っ直ぐ、アプローチはピタッと寄せたい、パットはどんな距離、ラインでも一発で入れたいと思っていることでしょう。しかしながらそう思っていても出来ないのがゴルフ。自分の思い願っていることが実現させたいのであれば、素振りをきちんとしましょう。今回は素振りの姿が自分の教本というお話です。

灯台下暗しといった方がいいのでしょうか。自分のスイングは見えないものですが、インパクトゾーンのクラブヘッドの動きはよく見えるものです。しかしながら、実際には見えない部分を一生懸命作り上げようとしていないでしょうか。様々な機器が発達して自分のスイングを解析しやすくなったのは良いのですが、頭の中に残る映像のみが独り歩きして、身体で表現するまたは具現化することができない人も多く見かけるようになってきました。このような人には素振りをたくさん行う事でイメージしている頭と具現化しようとする身体の回路を繋ぐことができるようになります。

素振りをする時の注意点ですが、打点つまりスイング中の最下点と振る高さを常に意識して振るようにしてください。見た目のスイング作りも大事ですが、常に意図したところにクラブヘッドを通すことができるようにする方が重要だからです。ゴルフ場では様々な状況下でショットしなければならないことを考えると、どんな場所や高さにあってもバランスよくクラブを振れなくては、意図したとおりにボールは飛んでいきません。

ラウンド中、何の意図もなく空中を軽く振るだけの素振りという名の空振りをする人をよく見かけますが、大概トップするかダフるかのミスに繋がっています。ミスした後、その原因はスイングにあるとスイングのチェックに明け暮れているといった行動をし、たまに上手くいったとして喜んでも次のショットではまた同様のミスをする。こんな行動を繰り返す人は、ラウンドしていても練習場感覚でやっているんだろうということが容易に想像できます。対して上手な人ほど、こういうショットを打ちたいからこういうスイングをするといったことが素振りの段階から明確に醸し出され、そのスイングから放たれるショットはその意思が具現化されたボールとして飛んでいくことになります。そのような違いがショットする前段階からあるのではないかと考えれば、単に同様な考え方を持ち、素振りを丁寧に行うだけでもミスは減り、イメージしている頭と具現化しようとする身体の回路を繋ぐことができるようになってくるのではないでしょうか。

動画で有名選手のスイングを見てイメージされている方も大勢いらっしゃるでしょう。しかしながら、他人のスイングの真似をする必要はありません。リズムやタイミング、バランスなど全体の動きを参考にして取り入れられるものであれば取り入れればいいし、合わなければ取り入れなければいいだけくらいに考えてもらう程度が一番です。

練習場で自身のスイングをカメラやスマホで撮って、その映像をチェックする時、ボールを打つ前の素振りのスイングも一緒に録画しておきましょう。ただし、素振りも打点や振る高さもしっかり意識し、本気で行うようにしてください。そのスイングとボールを実際に打ったスイングを見比べてみましょう。素振りは自分の教本です。他人のスイングを解析するより、自分のボールがないスイングとボールがあるスイングとの解析をすることで、きっと何かが見えてくるはずです。

黒田正夫

Page Topへ