すべてのショットで傾斜を読もう

すべてのショットで傾斜を読もう

ティーショットが上手くいってもセカンドショット以降でミスのオンパレードとなる人がいます。そんな人のミスの原因はひとつではありませんが、大きな理由は傾斜を読めていないということが挙げられるようです。コースに出ても平らな練習場感覚のままでいるとミスは減りません。
今回はすべてのショットで傾斜を読もうというお話です。


グリーン上以外にも傾斜があるってことを意識していないのか、はたまた、グリーン上にも傾斜がないと思っているのか。弾道がバラつく原因というよりボールが曲がってしまう原因が傾斜の読み込み不足にあるにもかかわらず、すべてスイングのせいにしている人を見ていると“もったいないな”と感じることがあります。

コースは水はけを良くするため必ずどちらかに傾いています。ティーグラウンドも然りです。平らにしておくと雨が降ったりした場合水たまりになってしまうため、2%程度の傾斜をつけています。つまり、コース上で平らになっているということはほぼありえないと考えた方が良さそうです。ショットもパットも必ずどちらに曲がるのかをイメージすることの方がしっくりきそうです。

コース上の傾斜は、フェアウェイやラフであれば左足上がり&下がり、つま先上がり&下がりとあり、それぞれ複合された傾斜も存在します。グリーン上ではこれが上り&下り、フック&スライスラインと言葉が変わり、複合されたラインをスネークラインといったものになります。このように言葉が変わってしまうことが難しくしてしまうものであるのならば、状況&ポジションを意識してプレーしているのであればフェアウェイ等と同様にし、弾道&ラインを意識するのであればグリーン上と同様に言葉を整理してもらうとイメージが湧きやすくなります。

傾斜からの弾道はそれぞれ左足上がりは左に行きやすく、左足下がりは右に行きやすい。つま先上がりは左に曲がりやすく、つま先下がりは右に曲がりやすいことになります。こうなりやすいということを予めインプットしておくとそれに応じた対策が練れることになります。つまり曲がったり曲がらなかったりする原因をスイングでのミスにするのではなく、環境条件によって引き起こされた現象であると判断できるようになるとボールコントロールの大切さがより身近なものとなります。

コース内には大小様々な傾斜があります。芝生がグリーン上くらいに短くされているのであれば大きな傾斜に止まることはないのですが、芝生が長いためボールは傾斜の途中で止まってしまいます。そのためグリーン上より大きく曲がるラインが残りやすいものです。どれくらい曲がるのかを見る目安の見つけ方は、飛球性に対して正対し足を閉じて地軸に沿って立ち、そこから足を広げて傾斜なりに立った時、飛球線に対しての目線が左右どちらかにズレます。そのズレた分だけが曲りの目安になるのですが、さらにクラブの特性や持ち球、風やライの状況でのスピンの掛り具合も考慮し狙い目を絞り込んでください。

グリーン上でのパッティングに関してもそれぞれの傾斜でどのような弾道傾向にあるのかを応用すればカップへの狙い目も変わってくるはずです。例えば、下りのパットであれば左足下がりにいるわけですから右に行きやすくなります。つまり、真っ直ぐなラインであった場合、カップのど真ん中を狙うのではなく、若干カップの中心より左目を狙っていくのが正解となります。応用していくと下りのスライスラインは厚めのライン取り、真っ直ぐだけど上りがきつい場合はカップの右内側を狙っていくようにすれば決定率が変わってくるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ