ピンだけがターゲットではない

ピンだけがターゲットではない

コースでも練習場の看板を狙うがごとく、グリーン上のピンしか見ていない人がいます。ゴルフはターゲットゲームなので最終的なターゲットとしては間違いはないのですが、目の前に木があろうが、風が吹いていようが、谷や池があろうがお構いなしに猪突猛進な攻め方をして打ち終わってからその選択を悔いている場合がほとんどのように感じます。そうならないよう、今回はピンだけがターゲットではないというお話です。

なにもグリーン上のピンを狙ってはいけませんよということではなく、例えばピンに対しての飛球線上にラフやマウンドが続いていたり、林の木がせり出していたりであったり、落下地点がバンカーや池・谷であったり、手持ちのクラブでは超えないまたは届かないのにあえて危機管理のできていないリスキーな方向を選択する必要はなく、グリーンまで届かないのであれば、次に打ちやすい場所はどこなのか、どこまで飛ばせられるのかなど事前にチェックをしてからプレーしましょうよということです。マネジメントに長けている上級者ほど困難な場所からのショットは嫌うものです。

プレーに際してのチェックがされているべきことがあまりにも情報不足にあるようだとナイスショットも大きなミスに繋がっていってしまいます。周りの環境条件が見えていないのが原因にならないようしっかりとした準備を進めていきたいものです。
周りの環境条件が見えていないのが原因のひとつにボールの行方を見ていないことが挙げられます。ボールが落下してからどのように転がったのか、林の中に入った時にどの木が目印になるのかなど、ボールの位置の大まかな把握が出来ていないと探す手間が掛ります。手間が掛ればかかるほど準備する時間が少なくなるので注意が必要です。

ゴルフ場によってはミドルホールやロングホールのティーグランドから230y~250y地点にIPポイントと呼ばれる旗が刺してあったりします。これは前の組との距離が分かるだけでなく、落下地点付近の風の向きやこのホールはこのポジションに打ってくるといいですよということも教えてくれています。

セカンドショット以降で考えた場合、ミドルホールであればグリーン方向に打っていく場合がほとんどですが、グリーン上のピンが左右、前後に大きく振ってある場合はショートアイアンで攻められない、もしくはライの状態が悪いなどの条件が整っていないのであればターゲットはグリーン中央狙いとしましょう。ミスした時でもアプローチが楽な場所になりやすく、グリーンに乗せられれば多少距離が残ったパットでも2パット以内に収められる確率が多くなります。また、ロングホールであれば、グリーンまで届かせられる飛距離を持っている人でもグリーン中央狙いが王道でしょう。届かないのであればフェアウェイの幅に収められるようなライン取りを行いつつ、ターゲットエリアにボールを運ぶことが第一条件になります。つまり、3打目が打ちやすい場所であり、かつターゲットがより狙いやすい場所に打ってくるように常に意識したプレーが大事になります。

アプローチやパッティングでも同様に寄せることが困難な場面に遭遇する場合があります。このような場合も勇気を持って、あえてピンを狙わない決断もできるようになるでしょう。
悪いショットではないのに結果がついてこないとゴルフ自体にストレスを感じるようになってきます。そうならないためにも周りの状況をよく観察し、ターゲットエリアをしっかり把握し、理想と現実にギャップが起きないようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ