ゴルフクラブはどう使うべきか

ゴルフクラブはどう使うべきか

真っ直ぐ飛ばそうとフェース面をいつまでも飛球線に送ろうとする人を見かけますが、こんな人は間違いなくパッティングでもヘッドを真っ直ぐに出そうとします。パッティングの真っ直ぐヘッドを動かすというセオリーに則って、パターがそう動かすのならそれ以外のクラブもということになっているようです。今回はゴルフクラブはどう使うべきかというお話です。

ゴルフクラブはグリップ・シャフト・ヘッドの3つの部位から成り立っています。そしてグリップからシャフトにかけての棒状になっている部分がヘッドの手前(ヒール側)にL字状に繋がっています。このようなL字状の道具(ゴルフクラブ)の取り扱い方はどうすることが一番効率の良い取扱い方となるのでしょう。それが解ればフェース面の管理にも意志が通じやすくなるものです。

道具であるゴルフクラブの取り扱い方としては、フェースローテーションが多い、少ないまたは捕まえる、逃がすなどのレッスン用語でもあるとおり、ヘッドを回して使うことを促しています。ゴルフクラブは、グリップ&シャフトの軸を中心にヘッドを回しながらフェース面でボールを捉えるように使用しなければならないということがボールを遠くに飛ばすためには必要だということになります。

それでは、パターはどうでしょう。フェース面を真っ直ぐに動かすといったセオリーがありますが、常に真っ直ぐ動かさなくてはならないものなのでしょうか。これにはパターのバランス特性が関係しています。手の平にシャフトを乗せてヘッドとグリップのバランスが取れるところを探し、ヘッドバランスの確認をしてみましょう。フェース面が真上を向いているもの(フェースバランス)や他のクラブ同様、トゥ側が落ち、フェース面が斜めや真横を向いているものもあります。パターの特性は他のクラブよりも多岐に亘っていることが確認されることでしょう。

それではなぜパターは真っ直ぐにフェースを動かすことが良いのでしょう。パターはショットのように遠くに飛ばすものではありません。つまり、方向性を重視している傾向にあるわけです。グリーンのスピードが速くなったことも影響があるでしょう。しかし、フェースバランスのパターほどヘッド重量が重くなっていることも考えると真っ直ぐにフェースを出そうとすればするほど、飛ばす能力が低くなるということにも繋がっていることも気づかされます。

ただし、様々な握り方でクラブを持つのは人間であること、そしてその人それぞれに骨格があることから踏まえるとクラブを回すことは知っていても回す量は人それぞれとなるということも知っておきましょう。回す量というのはクラブの仕事量と考えてもらえればいいでしょう。ヘッドを回せられる量が多い人ほど、クラブの仕事量が多い人でクラブの恩恵にあずかれる人になります。
遠くに飛ばそうとすればするほどフェース面は真っ直ぐ使おうとするのではなくヘッドを回し、フェース面でボールを包み込むようにインパクトしていく意識を持ちましょう。そのためには、指先、手首、前腕部、ヒジの動きも併せてチェックしてもらうとクラブと身体のジョイントが可能になります。

黒田正夫

Page Topへ