アプローチでもフェース管理を意識しよう

アプローチでもフェース管理を意識しよう

グリーン周りのアプローチが教科書とおりに行なっても上手くいかないことが多いなと思い当たる人はどんな場面でも同じ打ち方をしている傾向にあります。特に注意が必要部分としてはフェースの使い方です。アプローチ上手な人とそうでない人の違いはフェース面の使い方に差が出ます。今回はアプローチでもフェース管理を意識しようというお話です。

単一的なフェースの使い方だけではグリーン周りの難解なアンジュレーションに対応できないことは誰しも感じているにも関わらず、それがセオリー?だからと、どんな状況からでも同じ構えで同じフェースの使い方では結果が良かったり、悪かったりするのは当たり前ではないでしょうか。

アプローチでも通常のスイングの延長線でフェースコントロールしているのであればいいのですが、アプローチではフェースを返さず、または返してはならないと思っているのであれば、アプローチがどんどん下手になってくるだけでなく、ロングショットにも影響をきたしてきますし、最悪、アプローチイップスになる可能性も。そのような魔の手が忍び寄る前に、フェースコントロールとはフェースを返してはいけないなどの発想は捨て、上手くいかないのであれば、その逆もありと考え、まずは試すことから入っていこうくらいの柔軟な考え方になってもらうだけでもグリーン周りでガチガチに硬くならなくなることにも繋がります。

フェースローテーションを習得するためには、まずは自分のグリップがどうなっているかを確認するところから始まります。なぜ、そんなことをしなければならないのか。それは、グリップの握り方によって前腕部の回旋量が変わるからなのです。各々の骨格が違うとおり、前腕部の回旋量も違ってくるのは自然で、そのグリップの握り方がフェースを管理するうえでゼロベースとなります。

アプローチのセオリーに、“オープンスタンス&ハンドファースト&左足体重に構えてフェースを返さずに打ちましょう。“というものがありますが、これは、低く打ち出しランを多めに使うランニングアプローチのセットアップになり、ハンドファーストがきつくなればなるほど通常グリップより左手を被せた、いわゆるフックグリップに握らされてしまいます。フックグリップに握るということは左前腕部を内旋させた状態に握ることになります。その状態からダウンスイングでフェースローテーションを行おうと外旋するとフェースが被って左に打ち出されてしまうためフェースは返さずに打ちましょうということになってきます。アプローチの基本的な考え方は”ランを使う“とういうことになるのでこのセオリーがメインということになりますが、ウエッジで転がしたい時だけのテクニックとして考えた方がいいでしょう。

アプローチこそフェース管理が重要になります。その状況に応じて繊細なタッチを要求されるわけですからフェース面の使い方を常に意識するショットと言えます。つまり、真っ直ぐ飛ばすためのフェースの使い方からフック系、スライス系のフェースの使い方をすることがフェース面の上下左右に打点をズラしながら高さや距離、さらにスピン量までコントロールしていくことになることになるのでしっかりマスターしていきましょう。アプローチでのフェースローテーションは、ゆっくり動かす分意図してできるものです。“しない”のではなく“必要な分行う”と考えてもらえれば、将来的には仲間から「グリーン周りの魔術師」と呼ばれるようになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ