重箱の隅をつつかないようにしよう

重箱の隅をつつかないようにしよう

自分のスイングを動画で撮って見た時に出る感想は、大方「もっとかっこよく振りたいな~」と思うもの。スローモーションやコマ送りで見てここが悪い、あそこが悪いと、トッププロの選手と見比べて真似てみたり等々、理想のスイングを追い求めていくことはゴルファーの性分でしょうが、今回は重箱の隅をつつくことのないようにしようというお話です。

調子が悪いなと思ったら、まずはスイングする前の準備に問題がないかを一つずつチェックしていきましょう。自身にとって最適なグリップになっているか、ボール位置やボールとの距離によって、アドレスが狂わされていないか等々、まずはスイングを疑うことは後にしてそれ以外に問題がないかを探っていきましょう。

それでも自分のスイングで上手く結果が出ないと、なんとかしたい気持ちが芽生えてきます。そうすると、どうしても隣の芝が青く見えてしまいがち。いろいろなものを真似たり、取り入れようと試行錯誤していきます。それ自体、向上心からくる行為なので問題はないのですが、実際、テークバックからフィニッシュまで1.5~2秒という時間内でスイングの細かな、すなわちコンマ何秒の世界をスイング中に考えていても反応はできないので上手くはいかないということになります。反応できない事を意識すればするほど、ギクシャクした動きになり、リズム・テンポ・バランス感のないスイングになり、最悪はスイングイップスになってしまう可能性があるので注意が必要です。

コンマ何秒という操作の難しい動きを習得するためには正しい身体の動きを反復練習するものしかないと考えがちですが、身体の正しい動かし方よりもまずはクラブが正しく動いているかを見極める方が先決です。それは、自分で正しいと思っている身体の動きが実はクラブ操作を難しくしている場合がほとんどだからです。理想的なスイングはクラブの動きをいかに阻害しないように身体を動かしていくかを考えていくことが大事になってきます。それはゴルフのゲームはゴルフクラブという道具を使うゲームだからです。道具の使い方が解らないまま身体を動かすというのはいかにも効率の悪い作業ではないかということです。

それでは、どのようにしてクラブと身体の調和を行っていけばいいでしょうか。まずは、クラブの動きを中心に、クラブフェースの使い方、シャフトの動き、グリップワークを確認しながら、自分ができる一番小さな振り幅から徐々に大きくしていきましょう。その際、クラブの動きを阻害しないようにしながら、身体の動きのどこかに詰まったり、緩んだりした動きが出ていないかを確認しながら行ってもらうとスイング全体にハリが持てるようになってきます。

現時点でのスイングの全体像を見ていただいて、重箱の隅をつついてしまいたくなるような自分の気に入らない一瞬の出来事は、よく見るとタイミングの調整やクラブの動きの補正を行っている部分となっていることがほとんどです。そこだけ直そうとすることは、全体を見直すことに繋がるわけですから、くれぐれも動画を見ながらスイングの間違い探しゲームにはご注意ください。スローモーションやコマ送りにして重箱の隅をつついてそれを直そうとすること事態、全体のスイングを壊しかねない危うい行為となることを頭に入れておくことも必要です。

黒田正夫

Page Topへ