最下点を見極める

最下点を見極める

練習場では調子が良くてもコースに出るとトップやダフリのミスが多い。そんなミスの後は、スイングのチェックを行ってしまうもの。しかし、そのミスは本当にスイングのミスなのでしょうか。スイングを疑う前にボールの位置を疑ってみましょう。今回はボールの位置、特に最下点の見極めについてのお話です。

コースでトップやダフリが出てしまう原因として腕が縮こまってヒジが引けたり、ボールを上げにいって右肩が極端に下がったり等々、スイングミスによって起きてしまうものもありますが、本番のスイングをする前にそのようなミスをしやすくしていることがあります。それは最下点の見極めがされていないということです。

ボールが地面に接しているのであれば、それはボールの位置となります。ボールの位置が間違っているためにミスが起きてしまうことは多々あります。間違った位置にボールがあることを放っておくとホールが重なるとともにスイングバランスが崩れ、“振る”ことから“当てる”スイングにさせられていきます。

それではなぜそのようなことが起きるのでしょう。それは、練習場とコーストでは環境条件が違うからです。練習場は、平らであり、抵抗が少ないマットが敷かれています。常に同一条件のもとで練習しているわけですから何度も打っていれば、自然とボールの位置が決まっていきます。または、ボール位置は常に左足かかと線上というセオリーに則って位置を決めている場合もあるでしょう。しかしながら、コースにはアップダウンが必ずあり、ボールは傾斜地に止まっていることがほとんどです。さらに、芝生の長さや地面の硬さも均等ではありません。傾斜地になっているということは、地面が傾いているわけですから、ボールの位置やボールとの距離が毎ショット違うことを強いられているといっても過言ではないでしょう。つまり、コースではその状況にあったボール位置を探し出すということ必須ということです。

そのため、スイングの最下点がどこなのかが大事になってきます。その最下点の位置がフェースをターゲットに戻す位置であり、適正なボール位置となります。最下点がどこなのかを探し出す唯一の手段は素振りです。クラブのソールで地面をタッチしながら素振りをすることです。当然ながら、これから行うスイングの予行練習なのですから本番同様に挑んでいただく事が大切です。素振りをする際、ボール位置を平坦な場所に置いていると仮定し、そのズレがどれくらい右に修正するのがやりやすいか、軸の前、つまり身体の上半身のラインに対して直角になるところ、スタンスのセンター、または真ん中と言った方が分かりやすければその場所から左右にズラしていくのか。やりやすい方法を探していただければ良いでしょう。

また、ボール位置は常に左足かかと線上というセオリーに則って位置を決める場合もありますが、その条件としては、ドライバーでのスタンス幅が肩幅以上にならず、さらにクラブが短くなるにつれ、スタンスを狭くしていくことに違和感のない場合のみとなります。ボールの直径は4.27cmになりますが、ボールが1個ズレているとスイングはボール一個分、パワーポイントとバランスを崩しながら打つことになることを考えると、細かいことではありますが、最下点を見極めるということはとても重要となります。

しかしながら、下半身の軸とフットワークの使い方や主導である腕がどちらなのかによっても同じ条件下でのボール位置は変わってきます。打ちやすいボール位置が左右どちらに集中しているのか傾向を探っていただくと自身のスイングスタイルも明確になりますのでしっかり最下点を見極めていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ