雨の日の心得

雨の日の心得

せっかくの休みで久しぶりのゴルフなのに天気予報は雨。楽しみにしていたのに雨の日のゴルフでは気分も乗りづらいものです。そんなブルーな気持でもいざプレーをし始めると意外と楽しめるものですが、そのためにはしっかりとした心得があるといいでしょう。
今回は雨の日のゴルフを苦手にしないための心得についてのお話です。

まずは服装からですが、スタート前から雨が降っているようでしたらレインウェアは早めに着ておくことをお薦めします。レインウェアは普段から着慣れているものではないので動きにくくなります。早めに着ておくことで慣らしておきましょう。スタート前の練習が可能であれば屋根付であってもレインウェアを着てスイングすることをお薦めします。途中から降り出し始めたのであれば下のパンツから履くようにしましょう。上半身は傘で覆えますが、地面が冷えてきますから下半身は保温のためにも履いておきましょう。さらに靴周りを含め、水が浸入しやすくなるので靴下が濡れ、靴の中がぐちゃぐちゃになったりすることもあるでしょうから、冷やさないようにするともに出来るだけ靴の中への水の侵入を防ぎましょう。さらにハーフターン(昼食時)で靴下も変えるといいでしょう。

次にクラブのグリップと手袋は濡れないように心掛けてください。クラブとの唯一の接点である部分に違和感があると滑らないようにとグリップ圧が上がり、手首や前腕部に力が入りロングショットに悪影響を及ぼします。手袋は雨や汗などの水分に強い素材の物を多めに用意しておいて、こまめに変えてもらうのがベスト。当然、クラブのグリップも濡れたらタオルでこまめに水分を拭き取るようにしていきましょう。

コースに出たらボールの飛び方にも注視しておきましょう。最近のクラブとボールは低スピン化している影響かフライヤーやドロップしやすくなっています。ティーグラウンドでは、ドライバーのフェース面とボールを出来るだけ濡らさないように。セカンドショット以降ではボールが濡れている状態でも基本的には触れませんので、最低限フェース面の溝が使えるように水分を取り除きましょう。グリーン上でも他のショット同様にボールとフェース面の水分はよく取り除くようにしておいてください。

マネジメントについては、雨の日のゴルフはボールが飛びづらく、止まりやすいため飛距離が落ちやすい傾向にあります。グリーンを狙うショットは1~2番手上のクラブを使いながらキャリーでデッドにピンを狙ってくるようにしましょう。アプローチも1バウンド目、つまり落とし所の地面の状態(硬さ)を把握すると大きくショートすることもなくなります。パッティングでは、上りより下りを残す方がタッチを大きく変えることがなくなります。それは、水の流れは高いところから低いところに流れるため、上りのパットは水の抵抗を大きく受けるので極端に転がりが悪くなるからです。曲りが大きいラインになればなるほど打ち出しは上りが強くなるので打ち出しスピードに注力しましょう。

雨の日も風の中でのプレー同様、自然の現象に逆らわない方が変に気を取られることもなくなります。通常、同伴者とともにゴルフを楽しむことが目的ですから、雨が降るとプレーをキャンセルすることが多くなってしまうのは仕方のないことですが、少々の雨でしたら積極的にプレーをしてみましょう。様々な状況下でプレーする経験を持ち合わせられるようになるとプレーの幅は広がります。雨の日でも自分の練った対策が良い結果をもたらせたのであれば、気分も乗って楽しいプレーに繋がることになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ