曲げて曲げない、曲げずに曲げる

曲げて曲げない、曲げずに曲げる

ゴルファーもプレーヤーである以上、悩みは尽きないのですが、練習場ではボールが曲がらなくなってきているのに、なぜかコースに出るとボールが曲がってしまい、練習場で得た自信が増すどころか、悩みを深める原因になってしまっていることは大いにあり得ることでしょう。今回は特にセカンドショット以降でのボールの曲りについて、曲げて曲げない、曲げずに曲げると題してお話します。

まず考えてもらいたいことは、ティーグラウンド以外は練習場とコースは同じ条件ではないということ。セカンドショット以降は練習場で真っ直ぐなボールが打てるようになっている人ほど傾斜に影響され、曲がっていってしまうということを認識していただかないといけないでしょう。

そんな人のボールが曲がる主な原因としては、傾斜への認識が薄いことが原因です。特につま先上がりやつま先下がりの傾斜に対しての認識が希薄になりやすい傾向があります。こういう場合はパッティングを考えてみましょう。傾斜地から打つことはグリーン上でも行っているわけですからボールは水が流れるが如く、高いところから低いところへと転がっていくことについては認識されているはずです。フックライン(=つま先上がり)は左に曲がり、スライスライン(=つま先下がり)は右に曲がっていきます。そのこと事体当たり前であると解っているのですが、それであるにも関わらず、グリーン以外でのプレーに際してその認識が生かされていないということに問題があるのです。

つまり、グリーン上の傾斜地では真っ直ぐ転がしても傾斜で曲がっていくのですから、グリーン上以外においてもパッティングが如く“曲げずに曲げる”発想をしていただければボールが空中で曲がっていっても曲がったといった認識にはならないでしょう。曲がったと認識できるのは逆球が出た時だけになるので、傾斜を利用したコース幅をしっかり使った大胆な攻め方が出来るようになります。

それでもコースを直線的に攻めていきたい人は“曲げて曲げない”発想を持ってプレーしていただく事が大切です。傾斜地では真っ直ぐ打つと傾斜に沿って打ち出されてしまうため、ボールの放物線は初めから斜めに飛んでいくことになるわけですから見た目は曲がったように見えます。

これを練習場のように真っ直ぐ打ち出され、きれいな放物線を描くようにしていくには、傾斜で傾いたボールの軸の分だけ補正しなくてはならないということです。10度左に傾いているのであれば、補正値としては10度右に傾くように打たなくてはいけないので、平らなところで打つとスライスしていくことになるわけです。

つまり、スライサーがつま先上がりから打ち、真っ直ぐな球が出たとしても、フックが出やすい傾斜からスライスを掛けて傾斜と相殺させ、“曲げて曲げない”球を打つことになっているだけなので、スライスが治ったのではないのです。実際は、傾斜地がきつく、ボールを曲げたくなければなるほどボールを曲げるテクニックが必要になってくるので、練習でもどうするとボールを曲げられるのかを研究するようにしましょう。

ボールを意図的に曲げるテクニックが身につくとプレーの幅が圧倒的に広がります。どちらの考え方をメインにしてもらってもいいのですが、イメージが出しやすいものをチョイスしていきましょう。

ゴルフはターゲットゲームです。最終的には自分が思い描いた弾道でターゲットをヒットできればいいわけですからボールが空中で曲がっていっても曲がらなくてもいいわけです。それより、結果とプロセスが逆になることをよく理解して自分のプレーに繋げていってもらえることが重要です。

黒田正夫

Page Topへ