グリップの特性を生かそう

グリップの特性を生かそう

なぜか一部のクラブだけ腕に力が入ってしまったり、クラブ自体が重く感じられたり、軽く感じられたりしてタイミングよく上手く振れない、ボールが散らばってしまうといった原因をスイングに求めがちですが、その前に道具であるクラブそれもクラブと身体の唯一の接点であるグリップに注目していきましょう。今回はグリップの特性を生かそうというお話です。

クラブと身体の唯一の接点であるグリップを吟味するうえで大切なのは、“握り心地”。握り心地の中でも硬さや太さ、滑り止めのパターン等が自分の感性に合っていないと上手く力が入らなかったり余計な力が入ったり、滑りやすく感じられたりして、その後のスイングに影響を及ぼしますから、丁度いい握り心地のものを探しましょう。

まずは素材と滑り止めのパターンを確認しましょう。面白いもので、素材が硬いとシャフトが硬く感じられ、柔らかいとシャフトも柔らかく感じられます。さらに滑り止めのパターンによってもグリップ圧の強弱に変化が出て、握り心地を大きく変化させられてしまいます。各メーカーともに素材と滑り止めパターンは強調して宣伝している部分でもあるので、自分の手の感覚にはどんな素材でどんな滑り止めパターンが合うのかをチェックしておくといいでしょう。

次にグリップの太さを合わせましょう。基本的には自分の手の平の大きさに合わせるといいでしょう。左手側は薬指がグリップを握った時に手の平に触れない程度が理想の太さと言われています。右手側は人差し指、中指、薬指の3本が太さや硬さを感じているので自分のフィーリングに合うものにしていくといいと言われています。しかしながら、パームグリップ気味に握る人は太め、フィンガーグリップ気味に握る人は細めがいいとされていますし、球の捕まりを抑えたい&スナップをあまり利かせたくないのであれば太め、スライスを軽減したい&スナップを利かせてヘッドを走らせたいのであれば細めがマッチしますので、左右の手の役割やバランスを考えてグリップの太さを考えるのも必要です。

さらに重さへの配慮もしたいものです。グリップを重くすると手元の浮きが抑えられるとともに、重量不足でトップなどのミスを誘発している人には効果のあるものになります。また、クラブヘッドも軽く感じられとともにシャフトの撓りがシャープに感じられ、ヘッドスピードを上げやすく感じられる効果もあります。逆にグリップを軽くするとクラブヘッドは重く感じられ、シャフトも柔らかく感じられます。グリップワークを急いでしまう人にはゆったり感が出る効果があるので試してみましょう。

裏ワザとしてグリップのバックラインをズラして装着するのもありです。グリップにはバックラインが有るものと無いものがありますが、バックライン有をフック目に入れたり、スライス目に入れたりして握り方や球筋の矯正に役立てたり、調整式のドライバーを使用している場合やウエッジでフェースを開いて使うことが多い人はバックライン無を装着し、シャフトやフェースの向きが変わっても違和感がないようにしておきましょう。

最後に、あまりにもクラブごとに違う種類のグリップが差してあるのは、お勧めしません。出来れば統一感のあるものとしたいものです。ただ、しっかり意図を持って用途に合わせてグリップを変えているのであれば問題はありませんが、グリップに無頓着すぎると感覚がズレて道具を上手く操れないもの。そんな人は上手く打てているクラブのグリップに合わせてみるのも上達の秘訣になるかもしれません。

黒田正夫

Page Topへ