打ち下ろしのホールを克服しよう

打ち下ろしのホールを克服しよう

打ち上げのホールに比べ、なぜか楽に感じるのが打ち下ろしのホール。こんな感じを持っている人は極端な高低差のあるホールを体験したことがない人でしょう。高所恐怖症の人であれば足がすくんでアドレスもスイングも儘ならない人がいるくらいの極端なホールを経験すると打ち下ろしのホールの難しさも感じられるでしょう。今回は打ち下ろしのホールを克服しようというお話です。

打ち下しのホールを克服するにあたって、ボールの滞空時間が長くなるのが打ち下ろしの特徴になります。打ち下しの度合いによって、地面に落下するまでの時間が長くなるため、ロングショットはキャリーでの距離は稼ぎやすいので通常より飛ぶイメージがありますが、ショートアイアンでは距離があまり変わらないことを頭に入れておきましょう。また落下地点の傾斜によってボールの転がり具合は変わりますから落下地点が下り坂になっているか否かをしっかり確認しておきましょう。

さらに風の影響はもろに受けやすいので、ロングショットの場合、通常のショットよりも風に対する気配りをしなくてはなりません。その度合いは、サイドウインドが強ければ強いほど意識付けをしっかり持って弾道イメージを描かないと思わぬ方向に流されていってしまうことになりますので注意が必要です。

ロングショットの風対策としては、低い球を打つことで早めに地面に落下させ、ランで距離を稼ぐという考え方が一般的です。その場合、スイングを変えるのではなく、セッティングで対処することがミスを減らすことになります。ティーショットであれば、短く持ち、クラブヘッドを浮かせて構えるとシャフトの撓りが減り、ヘッドの重心もしくは下めで捕えやすくなるのでライナー系の弾道が出やすくなります。セカンドショット以降もクラブ選択を大幅に落とすことなく、ボールの位置やクラブの長さを調整することでコンパクトに振っていくことを心掛けましょう。ショートアイアンやアプローチでは、ロフトがあってもともと高く上がりやすいクラブを利用するわけですから、基本的にはロングショット同様に低い弾道で攻めていくイメージを持つと距離感が合いやすくなります。

その他、足元の傾斜が平ら、左足上がり、左足下がりによって弾道予測等の考え方も変わってくるので、通り一辺倒または混在した考え方をしないようにしましょう。足元の傾斜が平らの場合、ティーショットで特に気をつけないといけないのは、目線が下がりすぎないようにすることです。目線が下がると、右肩が被ったアドレスになりやすく、左に打ち出しやすくなります。出来るだけ通常目線と同等な場所に目線を置くように努力しましょう。フェアウェイ左右にある木々や遠くに見える鉄塔や山並み等の景色、セカンドショット以降であればグリーン奥の木々などを目標にしながら目線の下がりすぎには注意しておきましょう。

左足下がりの場合は、この傾斜を利用してロフトが立ったクラブも選択枠に入れながら転がして攻めることも視野に入れるとまた違った視点でのコース攻略にも役立つでしょう。左足上がりの場合、無理に低く打つこともなく、傾斜を利用して高い弾道で攻めていくことが肝心です。落下角度も垂直に近づいていくのでボールは止まりやすくなるので真上から落とすつもりでピンをデッドに攻めていくのがいいでしょう。

打ち下ろしのホールの中には距離の長いホールが多く存在します。そのホールはその他のホールよりも意外とグリーンが大きく受けている場合が多く、ロングショットの場合、ランも多めに出やすいのでグリーン上で止まりやすくはしてくれています。ただし、止まりきれずグリーンオーバーしてしまうと一気に難易度が上がってしまうので、グリーンオーバーだけは気をつけたクラブ選択を含めたマネジメントを行い、攻略していきましょう。

黒田正夫

Page Topへ