どうする?いきなりシャンク!

どうする?いきなりシャンク!

練習場では出ないのにコースに出るといきなり出るのがシャンク!よく起きる場面としては、アプローチをする時が多いでしょう。ひどい例ですとグリーンを一周してしまうほどになり、「また出てしまうんじゃないか」といった負の連鎖が起き、精神的にも苦痛に満ちたものになります。今回は、いきなりシャンク!した場合、どうするかというお話です。

まずはシャンクとは、どういう現象なのか?それはクラブのヒール寄り、特にシャフト軸線ないし、その近くでインパクトしてしまうことで、インパクトされたボールはアイアン系の場合、極端に右に飛んでいってしまうことを言いますが、ウッド系の場合、極端に左に飛んでいってしまう現象も同じなので頭に入れておくと「アイアンを持つのが嫌だ~」ってことにはなりません。あと、クラブヘッドの先に当たりすぎるのも俗称“先っぽシャンク”とも言いますので併せて覚えておきましょう。

精神的なものだという人もいますが、シャンクは、はっきり言って技術の問題です。技術的に問題が発生しているからミスとなり、そのミスが続くので精神的に来ると考えてもらうと苦痛に満ちたものではなくなるでしょう。それでは技術的にどのようなミスを犯しているのか?身体の動きを考える前にクラブヘッドの動きが管理できていないことが原因のひとつなので、どのようにボールとコンタクトしているかを考えましょう。

この場合、大きく分けるとフェース面とスイング軌道のいずれかということが大勢を占めることになります。まずはフェース面。原因としては極端にフェースが開いている状態でインパクトしているということ。試しにボールを置いてフェースを直角に合わせて構えたところから時計回りにフェースを開いていきましょう。フェースが開いていくごとにボールがヒールに近づいていっていないでしょうか。さらに開いていくと、45°を過ぎるあたりからヒールはボールに接触している状態になります。だから、ボールも極端に右に飛び出ていくことになる。ということは、インパクトでフェースを開かないようにできればということになるので、技術的にはローテーション不足ということになります。構えた位置が直角な状態、つまり 0°ということになり、インパクトがマイナス45°以上開いている訳ですから、戻せていないのかまたは逆回しにしてより開く方向へ動かしているかになります。

治し方としては、積極的にフェースを閉じるまたは返す練習をしましょう。左に飛ぶのが嫌ならフェースを開いて構えて、インパクトで 0°に戻す練習をしましょう。ウエッジでやると方向性が良くなるとともにスピンの良く利いた弾道になるのでシャンクが治るとともにテクニックがひとつ覚えられるので一石二鳥です。

続いて、スイング軌道。アウトサイドからのアタックでもインサイドからのアタックでもシャンクは出ます。それには度が過ぎると、という言葉が添えられますが。度が過ぎるほどの軌道のズレは前傾角度が維持できなくなります。例えば、ボールを上げたがってインサイドから入りすぎるとヘッドの重さが背中側に掛り、いわゆるクラブが寝た状態になり、手元(グリップ)が浮き、左ワキが甘くなり、前傾姿勢が崩れ、腰を突き出す格好になり、結果、ボールとの距離が近づくのでヒール寄りに当たりやすくなるという繋がりになります。

治し方としてはアドレス時の体重配分やボール位置が間違っていることが多いので注意が必要です。特にグリーン周りでオープンスタンスで構え、ボール位置が左目、フェースローテーションを抑えて、プッシュ気味に打つことに慣れている人はシャンク予備軍と考えていいでしょう。シャンク持ちはチーピン持ちでもあります。ロングショットがプッシュするくらいならまだいいのですが、チーピンになるようでしたらインパクト痕がフェース面のヒール寄りの下目に当たっていないか確認しましょう。

黒田正夫

Page Topへ