フェースのどこに当てるかを考えよう。

フェースのどこに当てるかを考えよう。

フェースのスイートスポットに当てようと思っても当たらないのがゴルフ。初心者の頃には、ボールを凝視してクラブヘッドをボールにぶつけるように使って“当てる”ことを優先していたこともあったのではないでしょうか。しかしながら、上達する過程においては、クラブフェースのどこに当てるとどんな球になるのかを知ることはとても大事な要素です。今回はフェースのどこに当てるか考えようというお話です。

ボールに当てようと思っているうちはなかなか当たらないものですが、クラブが振れるようになってくるにしたがってボールに当たるようになってくるのもゴルフの不思議なところです。そういう意味では、スイング作りとしての身体使いは大事なことではあります。

ただ、インパクトはクラブヘッドとボールの重心がぶつかり合った結果です。ということは、フェース面のどこにボールが接触するか、どこに当たっているかをしっかり確認しておかないと、その身体使いが合っているのかに?マークが付いてしまう恐れがあるので、フェースのどこに当たっているかの確認は常に行うようにしておきましょう。

ワンショットずつ、フェース面の打痕と弾道を見て、どこに当たると、どんな球になるのかということは上達への早道になります。飛ばしたいし、曲げたくないからフェースの真ん中に当てるようにすれば良いという考え方は否定できるものではありません。常にスイートスポット周辺に当てられる技術があり、かつ最新技術が備わったクラブを持ってすれば逆に曲げることの方が難しくなったりします。曲がりづらいクラブを使うことにより、“当てる”ことが排除され、思い切って振ることが出来るようになるからです。

このような最大限の恩恵を受けられるようになるためにも、当たってしまったといった感覚よりもどこに当てるかという感覚も取り入れながら練習をしていただきたいと思います。そうすることによって、スイングを極端に変えることなく、アドレスやフェースコントロールのさじ加減でボールの曲げ幅であったり、高低であったりのスピンコントロールが出来るようになってきます。

それではなぜ、わざわざ芯を外す練習をしなくてはならないのか。ひとつは、芯をわざと外して打つことでそこで構えて、そこで打てているのかを確認しましょう。それはスイングの精度が高いことを意味するわけですが、最近のクラブは総じてミスヒットに強くなっているため、芯を外しても結果があまり変わらないので、インパクトが雑になり、スイングの精度が逆に低くなることが懸念されるため、あえてインパクトスポットを絞り込んで練習することにより、スイートスポット周辺ではなく、その中の芯にコンタクトできるようにしていきましょう。

もうひとつは、フェースの打点を上下左右にあえてズラすことにより、ボールの打ち出しの角度やスピン量を意図的に変えるということを覚えましょう。特に上下の打点をコントロールすることが大事で、ドライバーショットやバンカーショットではとても有効になります。打ち上げやフォロー、打ち下ろしやアゲンストでのドライバーショットで意図して上下に打点を変えてみると面白いでしょう。バンカーショットの場合、ガードバンカーでは打点が上、フェアウェイバンカーでは打点は下になります。プロや上級者であれば、アイアンでは、フェースのスコアラインの何本目に当てるという猛者もいます。

道具が最新技術によってプレーヤーのミスを許容できるようになることはとても良いことですが、道具は技術アップしてくれても自身が技術不足になってしまっては元も子もありません。備わった技術を落とさないようにするためにもフェース面のどこに当てるかは意識しておきましょう。そうすることによってテクニックも併せて磨かれてきます。より意図的に行うことが今のクラブには合っているかもしれません。

黒田正夫

Page Topへ