スピン量をコントロールして高さを変える。

スピン量をコントロールして高さを変える。

風が強い日のラウンドは曲りを抑えたいため、バックスピンやサイドスピンの掛り具合に気を配ることが多くなります。ドライバーショットは、曲がらないに越したことはないのですが、それよりもグリーンを狙うショットの縦の距離感が大きくズレていることに気付いていなかったりしていませんか。縦のミスは横のミスよりシビアに考えた方が良さそうです。今回はスピン量をコントロールして高さを変えるというお話です。

特に風が吹いた時、それもアゲンストの時ほどバックスピン量のコントロールが出来ているかどうかが顕著に表れます。バックスピンがコントロールできるということは、サイドスピン量もコントロール出来ているということに繋がるので“曲げずに飛ばす”ことが出来るかが試されているといっても過言ではないでしょう。

風に負けないようにと思いながらも犯してしまうミスの多くがインパクトを強くするといった行為でしょう。このミスの原因は、風を感じられれば感じるほど、負けまいと力強く叩いてしまい、バックスピン量を増やしてしまいことになります。バックスピンが増えると吹け上がった弾道になり風に戻されることになり、縦・横ともに距離のロスが多くなります。
結果、自分の思い描いた距離よりも飛ばないので力んでインパクトを強くするといった負の連鎖に繋がります。

ただ、このタイプの人は、力まないで軽く打てと言っても力感コントロールが難しいタイプの人もいらっしゃるでしょうから、逆手にとってスピン量の多さで勝負してみましょう。
クラブを1~2番手上げてください。番手を上げることで高さとスピン量が減るので力んでスピン量が増えても吹け上がりが少なるので縦の距離が合いやすくなります。
高さも変えたいようでしたらシャフトの長さを調節して、撓りを抑えてもらえれば低く出すこともできますし、吹け上がらせて距離を落とすこともできます。

力感はコントロールできるけど、出来るだけシンプルにいきたい人は、大胆に大きめのクラブで、振り幅を抑えたコンパクトなスイングでヘッドスピードと高さを抑え、距離の長いアプローチやピッチエンドランのイメージで挑むといいでしょう。

上級になるとサイドスピンや打点を操ることで、結果バックスピン量や高さをコントロールする術を使っている場合もあります。この場合、弾道イメージやフェース面のどこに当てるかを明確に作ることが求められ、サイドスピンをコントロールする場合、フェース面をインパクト前後で返すか返さないかといった所でフェースコントロールを行う場合もあれば、あえてインテンショナルショットになるように構え、ドローやフェード回転で風に当てたり潜らせたりする場合もあります。

打点でコントロールする場合、フェースまたはボールのどこに当てるのがいいか。そのためには、どの高さを振ればいいのかということと入射角が大事になってきます。
ボールの半径約2cmの幅を使って打っていくのでイメージはフェアウェイバンカーからのショットに近いかもしれません。

ボールの赤道に近くなればなるほどトップする危険性はありますが、赤道から1cm下でフェース面がコンタクトすれば、フェース下部がコンタクトしたボールの衝撃で押し込まれ、ロフトが立ち、ボールは低弾道高スピンの弾道になります。ここに入射角がレベルから若干のアッパーになってくると弾道も高くなりつつ低スピンで飛ばすことが出来ます。実はこの打点をマスターすると風を意識することも少なくなり、かつ飛距離アップに繋がるのでぜひトライしてみてください。

まずは、風の抵抗を受け入れて、差引く場合もあれば、受け流すといった考えもあるので、自身はどのタイプなのかしっかり見極めましょう。スピン量や打ち出しの高さが大事なのはドライバーに限ったことではありません。風の中でのボールコントロールは楽しいものです。スピン量や高さを変えつつ横幅と縦距離を合わせていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ