縦の距離感はキャリーで覚える。

縦の距離感はキャリーで覚える。

コースに出ると曲りを抑えたいため、曲がり幅に気を配ることの方が多いのではないでしょうか。曲がらないに越したことはないのですが、それよりも縦の距離感が大きくズレていることに気付いていないことはありませんか。縦のミスは横のミスよりシビアに考えた方が良さそうです。
今回は縦の距離感はキャリーで覚えるというお話です。


ラウンド経験が増えてきて、コースが観察できるようになるとホールの両サイドがどうなっているかが気になってきます。つまり曲げたくないという危機管理意識が働くわけですが、なぜか上手になるに従い、横(曲り)の幅よりも縦(距離)の方のズレが大きくなってきていませんか。

時にはグリーンオーバーすることもあるでしょうが、大概がショートの憂き目に合っていることの方が多いのではないでしょうか。実際、グリーンオーバーした時もボールが落下した場所を確認すると意外とグリーンエッジ付近だったりします。つまり、キャリーはショートしているにも関わらず、バックスピン量が不足したショットを打ってしまった場合は、落ちた後のランが通常よりも出てしまったということになります。

この場合、「スピン不足でドロップしたなぁ」とか「半端なく転がっていってしまったんだなぁ」と思えればいいのですが、ボールの到達地点(止まった場所)だけで判断し、キャリーでピンやグリーンを越してしまった場合を除いて、クラブが大きかったという間違った判断をしてしまいがち。次の機会からはその間違った経験値が邪魔をしてエッジにも届かないクラブで、結果ショートを繰り返すことになり、縦の距離感を悪くしてしまう前兆を作ってしまう場合も出てきますので注意が必要です。

コースでは、傾斜や風の影響によって、本来の身体能力やクラブの機能よりも違った弾道の変化が表れやすくなります。それは何故か。芝生の介入による抵抗や傾斜に対しての入射角のズレ、風の抵抗や地面の硬さによって、ドロップしたり、吹け上がったり、フライヤーになったりとバックスピン量が不安定で、ボールのキャリーが安定しないことで距離を大きくミスすることになってくるのです。これらが縦の距離が合わなくなってしまう理由です。

実際、同じ距離で同じ番手でも、左足上がりと左足下がりでは打ち出しの高さも違えば、最高到達点も違ってきます。順目や逆目でも同様です。そのため、地面をキャッチするキャリーの着弾位置や角度も変わってしまうのは仕方のないことです。

しかしながら、そういったことを踏まえてプレーに臨まなくてはならないのですから、準備が必要になります。それでは、そのためにはどうすればいいのか。まずは、自身の各番手のキャリーを把握しておくこと。次にコースでは諸条件を踏まえ、ハザードを確実に越える距離が何ヤードあるのかを観察するクセや能力をつけること。そして、それを実行できるだけの技術能力を身につけておくことが大事になりますが、ここからは、成功体験や失敗体験、そういったことを繰り返した経験値を元にし、そのイメージされた弾道がどれだけ実現できたかをまた上書きしていき、さらに精度を高めていくといった作業になっていきます。

練習方法のひとつとしては、アプローチで落とし所を考えて、そこまではキャリーで打っていくことをやりながら、ロングショットバージョンに少しずつ移行していってください。こういったプロセスに重きが置けるようになってくると上達の度合いもぐっと上がってくることでしょう。各ショットが許容範囲の曲がり幅に収められるようになっているようでしたら、キャリーがコントロールできてくると縦の距離感も良くなり、ハザードをも避けられるようになり、よりゴルフが楽になってくるということになります。

黒田正夫

Page Topへ