クラブを軽くすることはいいことなのか?

クラブを軽くすることはいいことなのか?

最新のクラブになればなるほど軽量化が進み、ドライバーも280g台のものも増えてきました。シャフトを長くしても暴れず速く振れる”硬・軽”がトレンドになってきているようですが、しかしながら軽いことはいいことなのか?人によっては逆にそれが仇になっていることもあるようです。今回は、クラブを軽くすることはいいことなのかというお話です。

インパクトはクラブヘッドとボールの重心のぶつかり合いになるので、クラブヘッドの運動エネルギーをいかにボールに伝えるかということが大事になります。このクラブヘッドの運動エネルギーを出すために重さとスピードが必要になります。
ヘッド重量が重ければ重いほど、もしくはスピードが速ければ速いほど、運動エネルギーが大きくなり、飛距離を伸ばすことが出来るようになります。

しかしながら、ヘッドが重すぎてもスピードが出せない、ヘッドが軽すぎても圧が掛けられないということになっては運動エネルギーを効率よく伝えられなくなるわけですから、ヘッドの重さとヘッドスピードのバランスを考え、“振りきれる範囲内で重いクラブにしよう”と言われるわけです。

少し前の市販のクラブのヘッド重量は190g~205gでしたが、最近はこれより5g程度軽くなってきているように感じます。可変スリーブが付いたクラブであれば、ヘッド重量は重めにはなりやすいのですが、ヘッド単体の複合化で余計な贅肉を取り払いつつ、必要な部位に筋肉をつけている、細マッチョ的なヘッドが増えてきているのでしょう。

併せて、ノーマルシャフトもどんどん長く、軽くなっている傾向にあります。45.5インチ~46インチは、今では普通の長さになってきました。ヘッドを軽くすることが出来たことにより、より長く、軽くしてヘッドスピードを上げようとするために40~50g台の重量帯が当たり前になってきています。シャフトが長尺・軽量化するうえで、手元の剛性も上がってきています。グリップに至っては40g程度を装着して更なる軽量化に繋げるとともにシャフトの手元剛性のアップによる撓り感が薄れないよう適度なヘッドの利き具合を感じさせて、軽いクラブを持っていると思わせないような作りになっています。

少し前のドライバーの標準らしき重さが、クラブヘッド200g+シャフト60g+グリップ50g=310gだったものが、クラブヘッド195g+シャフト50g+グリップ+グリップ40g=285gくらいへと変わっていっていると思われます。

変わっていっている重量を見て何か感じませんか?重いクラブよりは軽いクラブを扱える人の方が多いでしょうといったことだとも思いますが、ひと昔前のレディースクラブの重さに近づいていっているのです。ロフトを立たせて、シャフトを長くし、トルクと硬度を調整しているので同じものではありませんが、そうすることで、老若男女すべての方が扱えるものに近づいていっているということが言えるでしょう。

しかしながら、クラブを扱うのはロボットではなく、人間なのですからなんでも軽くすればいいというわけにはいきません。軽くすることでの弊害もあることを考えておかなくてはいけません。購入当初はヘッドスピードが上がりやすいので飛距離は伸びるのですが、慣れるにしたがって元の飛距離またはそれよりも飛ばなくなってしまうことがあります。そんな人は元々のヘッドスピードの感覚に合わせてスイングに緩みが出て振れなくなっていってしまう傾向にあるので、軽量化を進めるにしても徐々に行っていくことがいいでしょう。

軽量化をどんどん進めていっていい人は、バックスイングからトップスピードに一気に持っていけるか、ダウンスイングで一気に落とせて振れるのであれば相性はいいでしょう。ゆっくりした等速で振るタイプであれば、逆に重め柔らかめのクラブを使うことで結果が出やすくなるでしょうから“逆も真なり”でお薦めです。

黒田正夫

Page Topへ