上手くいかなければ手法を変える。

上手くいかなければ手法を変える。

ゴルフを始めたばかりや不調に陥ったり、更なる向上を目指した時など、レッスンを受けたり、ゴルフ雑誌や動画等々の様々な情報源からヒントを得て、練習に組み込みながら上達を目指すことがほとんどでしょう。その情報は正しいものであるにもかかわらずなかなか上手くいかない場合があります。そんな場合は手法を変えることを考えてみましょう。今回は上手くいかなければ手法を変えるというお話です。

手法を変えるにあたり、まずは視点を変えてみなくてはいけません。視点を変えるということは、例えば、セオリーを守っているにもかかわらず上手くいかない場合は、そのセオリーが自分に合っているのかを見極めなくてはならないということです。

ゴルフでは、グリップやアドレスはこうあるべき、スイングはこうあるべき、アプローチやバンカーショットはこうあるべきといったセオリーが存在します。しかしながら、上手くいっているマイ・セオリーではなく、他人が言っていることを、それもただ大多数の人が賛同しているからといったくらいだけのものであったりしていて上手くいかないのであれば、それは絶対に守らなくてはいけないというものではないということです。

そういったことを理解するうえでも、一回それを頭の中から外してみたり、または壊してみるところから入ってみるといった行動に出るのも大胆に視点を変えるには良いことだと思います。そこまでしてしまうとすべてが壊れてしまうようで怖いとか、再構築に時間が掛るのが嫌だということであれば、ひとつずつメスを入れていくことでも視点を変えたことに繋がりますのでやってみましょう。

例えば、バンカーショットが苦手だとしましょう。セオリーと呼ばれている、砂の中に左足を埋めて、オープンスタンス&オープンフェース&カット軌道で打っても上手くいかないのであれば、通常のショットに加えて、4項目の手法が追加されているわけですから1項目ずつ外して元に戻してみましょう。

どれでも構いません。カット軌道を変えたら飛距離が出るようになったとか、フェースを開かなくなったらバンスが弾かれなくなり適度にバンスが利いた状態になったとか、オープンスタンスをやめたら方向性が良くなったとか弾道にも変化が表れるはず。それが、手法を変えるということになります。この場合はもともと手法が追加されているものでしたから手法を減らす方向で話を進めてきましたが、このように苦手なものであっても視点を変え、手法を変えることで克服することに繋がることになります。本来、バンカーショットを打たないようなマネジメントをしていくことでもOKなのですが、ここでは特定なショットを恐れ、それを避けることばかりを考えて組み立てるとしたら非常に大きなストレスとなり、逆にプレー全体に大きな悪影響を及ぼすことになるのではといったことで考えてみました。

ただし、手法を変え、調整していくにあたり、悪いクセを治そうと逆のことをすることは良いことですが、自分のいいところまでも消してしまわないようにすることも考えながら行わなくてはなりません。そのためには、トライ&エラーは絶対に必須となりますが、その中でも上手くいったか、いかなかったかの情報の選別を併せて行うことが大事になってきます。

当初は大幅な手法の変更を余儀なくしていたものがあっても、手法を変えたことで結果も出るようになれば、あとは、より細かな手法の変更でトライすることになるので、より精度も上がり、構築もしやすくなっていくことになります。さらに、苦手なことでも上手くいくコツを掴めば、それを克服したことでの安心感にも繋がるし、よりストレスなくプレーも楽しめるようになり、自信を持ってコースに挑むことが出来るようになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ