自分のスイングを守る。

自分のスイングを守る。

ラウンド後半になるとなぜかミスショットが多くなり、スイングのチェックを行っているにもかかわらず、どんどん調整さえもできなくなってしまい、自分のスイングに自信がなくなり、スコアを大きく崩してしまった経験は誰もが持っているもの。このようなことにならないよう、自分のスイングを守るためにはどうすればいいかが今回のお話になります。

練習場ではいいのに、コースに出るといつもこんな傾向に陥るのには原因があるはず。原因のひとつとして練習場とコースを同じ環境だと潜在的に思い込んでいる場合があります。練習場とコースでのプレーの違いは、傾斜があり、インターバルが長く、一球勝負といったことが挙げられます。

つまり、ボールは傾斜から打てば曲がるのが当たり前で、次打を打つまでに時間を要すため、いい感覚も長くは続かず、さらにその場所からの弾道予測とそれに応じた感覚のインプットができなくなってくると一球勝負に負けることになってしまいます。そうならないためにも、まずは環境条件を読み込むことが出来るように目を配りましょう。視野を広げた分、今までよりも情報が多く入ってくるので、それを整理しながら適応する準備に時間を割けるようにしていければ大丈夫です。

その他の原因としては、ボール位置とポジショニングで崩れてしまう場合があります。コースは平らではないので、ボール位置を適正位置に配置することが必要になります。そうしないことには正しくヒットすることさえもできなくなってしまうからです。さらにボール位置が適正であっても、傾斜でのアドレスのポジションが上手くいかず、スイング中にバランスを崩してしまうようですとミスショットに繋がってしまいます。この場合は、練習場で同じ姿勢で同じ位置での練習ばかりしていたことが主な原因となるため、現場に合わせた練習を取り入れることで解決されてきます。

あとよくあるパターンのひとつとしては、アプローチの機会が増えるにしたがって調子を落としていく場合があります。これは、アプローチはショットの一部であり、スイングでのインパクトゾーンを同等と考えていくべきことなのに、あえてそれを崩していくようなクラブ捌き、腕の使い方等を行ってしまうため、次ホールでのロングショットにも影響が及ぼされてくるとショットが乱れた分、アプローチさせられる機会がまた増え、悪循環に陥っていくことになります。この場合は、スイングのよい連鎖を繋げていく意識を持ちつつ、アプローチの機会をインパクトゾーンの整理に役立てようとすれば、余計なテクニックを使わずに済むようになります。ただし、このパターンに陥る人は、アプローチは“こう打たなければいけない”という刷り込みがある場合もありますので、逆になぜそう打たなければならないのか、その打ち方でロングショットも打てるのかといった問いかけを自らにしていただければ、その呪縛から解放されることでしょう。

最後に、ミスに誘発されて自ら崩していく場合があります。ラウンドの後半になればなるほど最終的なスコアも気になってきます。最終的なスコアはそれまでのプロセスの積み重ねになるにもかかわらず、勘定してしまうといったことで、ミスしたくない気持ちや曲げたくない気持ちが崩れかけているスイングの微調整を怠らせ、そのミスが出てもいいような合わせた構えをして、そのミスをさらに上書きしながら繰り返しプレーしていくので、ある一定のラインを越えた瞬間、構築していたスイングが山崩れの如く崩れ、結果、大たたきしてしまうことになります。この場合は、ワンショット・ワンプロジェクトの意識を持って、その一打に全力を尽くすことが出来るようにすれば、結果も伴うでしょう。

自分のスイングを守るためにはミスの原因の捉え方や対処する考え方で良くもなり悪くもなります。ぜひ、ラウンド後半に向かえば向かうほど調子が上がるように仕向けていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ