ハンドファーストとヘッドファースト

ハンドファーストとヘッドファースト

ハンドファーストとヘッドファースト。巷ではハンドファーストインパクトを目指そうといった傾向が強いようですが、これは、アマチュア=すくい打ちといった構図が出来上がっているからなのでしょう。
どちらにしても、インパクトの瞬間に起きることなので、どうなっているのかどちらがいいのかもよく分からないのが普通なのではないでしょうか。
それでは、どちらが正しいのでしょう?
今回は、“ハンドファーストとヘッドファースト”についてのお話です。

ハンドファーストとヘッドファーストの言葉の響きだけ取ってみるとインパクトでハンド(手元)またはヘッド(クラブ)がファースト(先行)するといったことになるので、ハンドファーストは、手元が先行し、上からしっかり打ち込むダウンブロー感覚であり、ヘッドファーストは(ハンドレイトとも言います)、手元よりもヘッドが先行し、横から払い打つアッパーブロー感覚で語られることが多いようですが、結論から言えば、どちらも正しいということになります。

ハンドファーストとヘッドファーストは同義語と言ってもいいでしょう。クラブを振るということは、クラブをどこで入れ替えるかということになります。つまり、ダウンスイングからはハンド(手元)が先行しながら、インパクトに向かっていきますが、アドレスした際に作った支点=グリップ位置でクラブを入れ替わるため、インパクト付近での減速または寸止めの感覚が正しいものとなります。

ここで勘違いしやすいのは、スピードを出そうと、インパクトゾーンでハンド(手元)を速く振って、加速感を持ったまま、飛球線もしくは目標方向に突きだしてしまうものとなります。このような、手元を飛球線もしくは目標方向に突きだすだけでは正しいハンドファーストなインパクトにはなりません。このような場合、振り遅れのミスが出やすくなるとともに、シャフトの撓り戻りが使えないため飛距離も出づらくなります。このような勘違いは、アプローチで「このように打ちましょう」というやり方を実践している方に多く症状として見受けられるので十分に注意されることを望みます。

加えて、ヘッドファースト(=ハンドレイト)はハンドファーストに比べて“してはいけない行為”となることの方が圧倒的です。それは、インパクト前にグリップを追い越してしまうからで、すくい打ちまたはあおり打ちと言われる訳ですが、手元が目標方向に流れず、シャフトの撓り戻りやソール(バンス)を使う感覚としては、ハンドファーストよりはクラブの特性を使い切っていると思われますので、このような症状の方は、ボールの位置やフットワーク、もしくはクラブの重量を見直してみるといいでしょう。

ハンドファーストかヘッドファーストかは、どちらを意識してもらってもいいでしょう。身体(腕や手元)を意識したほうが振りやすいのか、道具(ヘッドやグリップ)を意識したほうが振りやすいのかで表現される言葉が変わることになるだけなので、自身の感覚を大事にしていただきながら、イメージしやすい方を選ぶようにしましょう。ただし、どちらにしてもやり過ぎや過剰、拡大解釈にならないように注意することは大事です。振り遅れているようでしたら、手元が流れている傾向も考えられる訳ですからグリップスピードを減速させてみたり、弾道が高くなるだけで飛距離が出ないようでしたらフットワークが上手く使えていないかなど、スイング全体のバランスやインパクトのタイミングを計りながらインパクトゾーンを整理していきましょう。

クラブがどこで入れ替わっているか分からない場合は、水平素振りで横軸(扇状)の頂点がどこにあるのか、その時、手元(グリップ)はどこにあるのかをチェックしていただければいいでしょう。グリップの仕方によっても入れ替わるタイミングは変わります。
すべてはタイミングです。自分ベースで作り上げるようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ