拇指球体重にこだわらない。

拇指球体重にこだわらない。

ゴルフが上手になってくるほど、スイングする前のグリップやアドレスの大切さが身に染みてくるものとなりますが、その中でもアドレスでのポジショニングについては自分のベースになるものがしっかり出来ていないと、コースに出てもバランスが上手く取れずミスを誘発することになります。
今回のお話は、“拇指球体重にこだわらない”です。

ゴルフを覚えていく中で、アドレスの基本は、拇指球体重で構えなくてはならないといったことがセオリーになっていますが、これを守りすぎることで上手くいかなくなるとしたらどうでしょうか?確かにアドレスでは前傾し、頭が垂れるに従い、拇指球体重になってしまいます。ここでは、拇指球体重にしようとしているわけではなく、なってしまうといった方が自然であるということをまずは理解しておくことが大切です。その理解がなく、拇指球体重で構えようとすればするほど、アドレスのバランスは崩れ、その後のスイングにもしわ寄せがきてしまう恐れがあるということも併せて頭に入れておきましょう。

拇指球にかけているつもりが、やり過ぎてつま先体重になっている場合、スイングはどうなるのか?バックスイングは、インサイドに引かれることでバランスを維持しますが、トップでシャフトクロスすることで、クラブの重量が拇指球側にプラスされ、その反動でダウンスイングでの前傾が崩れると、クラブが寝て入り、煽るように振るしかできなくなってしまったり、右つま先側にバランスを崩すとアウトサイドインのカット軌道を増長させることになり、左に引っ張るように振るしかできなくなることになります。

特にコースに出ると傾斜があるため、このような現象は顕著に現れることになります。つま先上がりで右にプッシュ球やトゥヒットするようであれば前者。つま先下がりで左にひっかけたり引っ張った打球であれば後者となりますが、どちらもアドレス時のバランスが拇指球に掛りすぎていることでスイング中の前後のバランスが大きく振れることになった結果となります。

ラウンド中、傾斜から想定される弾道がアドレス時のバランスの崩れによって逆球が誘発されることになると致命的なミスになりかねません。つまり、実戦では常に拇指球に掛けておくということはありえないことなのです。状況に応じて前後のバランスを保つアドレスをしなくてはいけないため、かかと体重になることもあるということです。

練習場で練習している時にはそのようなスイングにならないという人は、コースでの傾斜地でも練習場のような平地と同じようにアドレスをしようとしているだけなので、拇指球に体重を乗せるといったことに拘らず、傾斜地での立ち方、特に前後のバランスに注意を配るようなポジショニングを心掛ければ問題はすぐに解決できるでしょう。

また、練習場でスイング作りをしていく中で、バックスイングがインサイドに上がり過ぎる、トップでクロスするといったことが現象として起きているのであれば、逆にかかと体重から練習していくことをお薦めします。かかと体重で構えるとクラブはアウトサイドにしか上げられなくなります。もしインサイドに上げたとすれば、すぐに前傾は崩れ、スイングどころではなくなります。そこから、徐々に前後の体重配分を戻していき、丁度バランスがいいポジションを探すようにしていくといいでしょう。

セオリーだけを鵜呑みにするのではなく、自身のアドレスでのポジショニングがどうあるべきなのか、それがズレた場合はどういうスイングになるのかといったこともトライ&エラーの中で覚えておくと、スイングの調子を計るうえでもとても便利になります。アドレスはアンバランスな場所でバランスのよいポジションを取れるかということが重要なのだと解れば、より良いスイングを導き出すためにも大切だということがさらに明白になり、自身の理想により近づいていくことに繋がっていくことでしょう。

黒田正夫

Page Topへ