打球に高低差をつける

打球に高低差をつける

コースレイアウトやその場所、その状況下でボールをコントロールすることはなかなか難しいことです。しかしながら、様々な状況下においても自分の意志を少しでも自打球に通じさせたいもの。その中においても、左右に曲げるリスクを負うより、打球に高低をつけられるようになると、グリーン周りのアプローチも磨きが掛ってきます。今回のお話は、“打球に高低差をつける”です。

ある程度のスイング力を身につけたら、より現場が要求する弾道に近づけるためにも、アレンジを付け加えることが重要です。コースは練習場と違って、傾斜や風の影響を受けやすくなります。単純に距離だけを測って打つだけではスコアが伸び悩むだけでなく、ゴルフの楽しさをも半減させてしまいます。

さらに上達したければ傾斜や風をも読んで、実測の距離というより、予測距離をコントロールしたいもの。その際、番手間の中間距離となるものも含め、打球を左右に曲げた方がよいのか、それとも打球に高低差を作った方がよいかに分かれ、どちらを選ぶか悩む部分ではありますが、ここでは、上級テクニックで、さらにその後のスイングに影響を及ぼしかねないスライスやフックを打ち分けて距離をコントロールするハイリスク・ローリターンの方式を採用するよりも、まずは、少しのアレンジで打球に高低差をつけたローリスク・ハイリターンの打ち方を推奨します。

それでは、打球に高低差をつけられると、どんなメリットがあるのでしょう。コースレイアウトと風対策に有効となります。特にショートホールなどに見受けられる打ち上げ、打ち下ろしのホール攻略に適してきます。当然ながらこのようなレイアウトのホールは風も読みづらくさせているのが特徴です。左右に曲げて、“曲がらなかった”または“曲がりすぎてしまった”というよりは、結果に対しても無難なものになりやすくなります。ティーショットで多く利用するドライバーにおいても、向かい風に対していかに距離を落とさずに攻めていけるかと追い風に対して上手く利用して距離を稼げるかといったことにもなりますし、曲りを抑えるということにも繋がります。

まずは、状況別で頻度が多い低く打つ方法ですが、ひとつは、通常のアドレスでのボール位置のまま、体軸を左に傾けることにより、ロフトを立たせ、入射角を若干ダウンブローに入れて低く打ち出す方法と、もうひとつは、通常のアドレスでボール位置だけ右に寄せることで、扇状のスイング軌道上に対して、クラブフェースを被せてドロー回転を促し、通常のインパクトポイントよりも若干下めでヒットする方法があります。

次に高く打つ方法ですが、ひとつは、通常のアドレスでのボール位置のまま、体軸を右に傾けることにより、ロフトを寝かせ、入射角を若干アッパーに入れて高く打ち出すようにする方法と、さらに、通常のアドレスでボール位置だけ左に寄せることで、扇状のスイング軌道上に対して、クラブフェースを開いてスライス回転を促し、通常のインパクトポイントよりも若干上めでヒットする方法があります。

このように、打球の高低は、スイング軸の傾きか、ボール位置で打ち分けるのが、シンプルでありながら精度が高いものとなるので、いろいろなテクニックを覚えるための第一歩にしていきましょう。さらに、この2通りの打球の高低の作り方には、ショートゲームでの引き出しが増えることはもちろん、インパクトゾーンが整備され、クラブヘッドが長く低く保てるようになっていくため、ショートゲームも行えば行うほどロングゲームにもいい影響を与えることになります。ワンランク上のスイングを目指すうえでも、意図的に打球に高低差を出せるようなインパクトを作れるようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ