クラブシャフトは自分に合わせる。

クラブシャフトは自分に合わせる。

前回は「クラブがスイングを作る」という題名で最新のクラブの恩恵を受けましょうというお話をしましたが、最新のクラブの理論にどうしても合わないといった人もいるのは事実でしょう。
今のクラブは年々、シャフトが軽く・長く・柔らかくなってきています。上手く振れないのは、このシャフトが軽く・長く・柔らかくが曲者なのではないでしょうか。今回は“クラブシャフトは自分に合わせる”というお話です。

今までのスペックでも充分振れているにもかかわらず、最新クラブのスペックの情報を見ると自分のクラブスペックがいかにもハードスペックに感じられてしまったり、単純に年齢からすると、そろそろこのスペックでは無理なのではと感じてしまったりと様々でしょうが、クラブを変えたいと思った時が変え時かなといったタイミングもあると思われますので、その時に失敗しないクラブ選びをしたいものです。

ご存じのとおり、クラブはヘッド、シャフト、グリップで出来上がっており、調整機能付きのクラブであれば、スリーブも含むことになりますが、クラブヘッドに関して言えば最新のクラブヘッドはどんどん試すべきでしょう。グリップに関しても太さや材質、バックラインの有無など手袋も考慮しながらクラブと身体の唯一の接点に気を配るようにしましょう。そうなると、もっとも気を配ってもらいたいのはシャフトといったことになります。

最近は“軽く=スピードUP”がキーワードになっていますが、長くも柔らかくも=スピードUPに繋げられます。スピードに変換できないようでしたら、一般的な常識よりも“短い&重い&硬い”などのいわゆるハードスペックを好んで使うことは特に悪いことではないと思います。短ければ振りやすくなるし、重ければ自重があるため、衝突力を増すことができます。スピードが出せなければ“重さ=圧力”を掛けられるようしていくといったことになりますし、さらに硬度が硬ければ硬いほど、撓り戻りのレスポンスがいいということになりますので、シャフトのタイミングに合わせるのではなく、自分のタイミングだけを重視して振ることができることにも繋がります。

つまり、最近の一般的な常識よりも少し前の時代の一般的な常識である“短い&重い&硬い”などのスペックのクラブであってもスイングが安定すれば、逆にいい意味で、何もしなくてもインパクト効率が上がると言っても過言ではないでしょう。いつまでも若々しくスイングしたいと思っているのであれば、身体をしっかり使って自らが出力を出すようにしていくスペックにすることも大切です。いずれはスペックダウンを受け入れなくてはならなくても、可能な限り今まで通りのスペックでゴルフをしたいと思ってもいいのではないでしょうか。特にパーシモン世代の方でスチールシャフトに慣れていて、今の長くて軽くて撓るクラブではタイミングが合わない、ボールが散らばるといった症状がある人は、思い切ってシャフトで“見栄”を張ってみるのもいいでしょう。

今のスイングにあわせたシャフトスペックを考え、長さか重さか硬度かのどれか一つか二つをハードにしておいて、“こだわりのシャフト”と言って使い続けてもいいでしょう。クラブヘッドの進化や流行に乗れないと恩恵を受けることが少なくなるとともに、シャフトの動きに合わせたスイングでは、自らのポテンシャルを発揮することができないということも起きますので、クラブは自分に合わせるといったクラブ選びをしつつも、 “クラブヘッドは優しく、シャフトで見栄を張って”くらいのスペックで頑張って振ってみましょう。身体に多少の負担がかかっても他人から「そりゃ~、オーバースペックだ!」と言われてもぶれずに我が道を行けるくらいのスペックが若々しいスイングを維持する秘訣かもしれません。

ただし、この場合は供給が少ないものほど、年を追うごとに生産終了モデル(廃番)になる可能性も高くなる訳ですから、同じスペックをストックしておくか、同様の性能を持ったシャフトを常日頃からチェックしておくことをお薦めします。

黒田正夫

Page Topへ