わざと芯を外す練習をする

わざと芯を外す練習をする

芯を外すからボールは曲がる。だから芯に当てるようにしなくてはならないといった窮屈な考え方やスイングになっているようであれば、ゴルフは苦痛なものになってしまいます。そうならないためにも、どこに当てるとどんな弾道になりやすいのかを知っておき、打ちたい弾道に合わせて当てる箇所を変えてもいいといった発想に持っていきましょう。
今回は、わざと芯を外す練習をするというお話です。

最初に、芯(=スイートスポット)がそれぞれのクラブのどこにあるのかを知りましょう。なんとなく真ん中かな?といった類では芯には当たりません。弾道を作るうえで、クラブヘッドの芯となる部分と自分が当てたい部分の摺り合わせをしなくてはならないためで、最終的には自分が打ちたい弾道にしていければいいので、芯に当てようとすれば芯に当たり、外そうとすればそこに当てられるといった感覚も持ち合わせるようにしていきましょう。

そのためには、わざと芯を外す練習をされることをお薦めします。芯に当てるための練習方法はたくさんあります。レベルが高くなればなるほどシビアな状況下での練習となりますが、これには豊富な練習量も必要になってきます。練習をする時間、量がなかなか取れないのであれば、いつでも芯でナイスショットを目指すのではなく、芯を含めた許容範囲を覚えるべく、わざと芯を外す練習をしていきましょう。

練習の仕方として、まずはハーフスイング程度の振り幅で、ヘッドスピードも抑えてクラブヘッドの上下左右に適当に打点を変えて打ってみてください。ボールの飛び方やインパクトの衝撃によるクラブヘッドの挙動などが解るはずです。続けていくとボールの飛び方が安定してくるとともにクラブヘッドの挙動が安定してきて、インパクトの衝撃も少なくなってくることも感じられるようになってきます。それが芯を含めた許容範囲となるので、慣れてきたら振り幅も大きくし、ヘッドスピードも上げてみましょう。フェースへの当たり具合によって、曲がり幅やスピン量が変わることがより具体的に体感することが出来るようになるでしょう。

芯を外す練習をしてもらえれば解ると思いますが、ドライバーとアイアンでは、芯となる部分が違います。ドライバーはフェース面の中心と考えるのが普通ですが、最近は、スリーブ付のカチャカチャ系であったり、フェース面が面長で重心距離が長いドライバーであれば、若干ヒール寄りに位置しているものもあります。シャフトの絡みもあり、インパクトではトゥダウンが起きやすく、フェースの重心よりも若干、外目の上目でインパクトすることになるので、ティーアップの高さを配慮するとともにインパクトから逆算したアドレスをしていってもいいでしょう。アイアンは、縦の距離をコントロールするためにドライバー以上にスピンコントロールが必要となります。フェアウェイバンカーや地面が硬い時などトップ目からクリーンに打ちたい場合は、リーディングエッジからスコアライン何本目に当てるのがいいのだろうと考えると真ん中に当てさえすればいいのだろうとアバウトな考えではなくなってくるはずです。

コースでは、球筋を作るうえでフェース面の“ここに”当てなくてはならない場合がどうしてもあるので、芯を外す練習をしながら当てる箇所によってこんな弾道になりますよと知っておくと得をします。許容範囲を広くするのも狭めるのも考え方次第。わざと芯を外す練習をしておくことでフェースのどこで捕えたり、外したりしたかなどの感覚を研ぐフィードバックにも役立つとともに、意図したテクニックに応用することが容易になってくるので上達するためには一石二鳥となります。

黒田正夫

Page Topへ