寄せ方はひとつではない。

寄せ方はひとつではない。

グリーン周りのアプローチをひとつの打ち方で行おうとするプレーヤーは大勢います。それはけっして悪いことではありません。しかしながら、その打ち方をしたから必ず寄るとは限らないことを念頭に入れなくてはなりません。アプローチに限らず、他のショットやパットでもどのようにターゲットに寄せていくか。今回のお話は“寄せ方はひとつではない”です。

上げる、転がす、曲げることがターゲットに寄せていくことには必要となりますが、ターゲットに寄せていくということは別にアプローチだけとは限りません。しかしながら、考え方や原理をマスターするためにもアプローチでのトライが一番理解しやすいものにもなりますので得手不得手は別として、様々な寄せ方をイメージできるようにしていきましょう。

先ず、ひとつの打ち方で寄せる場合の利点としては、打ち方を変えないので動作としてはシンプルになるということになります。アプローチであれば、SWから順々にひと番手上がるごとにキャリーとランの比率を変えていくことで対処していくことになります。寄せ方としての考え方は、打ち方は変えずにクラブを変えるということになりますので、ショットにおいても風や傾斜に逆らわず、流されることを念頭にクラブ選択を行うようにしていければ寄せることが可能になってきます。つまり、ターゲットは仮想となるため狙い所をはっきりさせていくことが重要になります。

多種多様な寄せ方、俗にいう“テクニックを使って”を目指すのであれば、アプローチではひとつのクラブに絞ってトライすることから始めてみましょう。クラブは何でも結構です。アプローチであれば、ウエッジ(SW・AW・PW)の3本が主流になりますが、最近のウエッジは度数で表示されているものも多いので、何度のクラブをメインとするのがいいのかと考えてもいいでしょう。

クラブを変えずに打ち方を変えるわけですが、考え方のメインとなるのはクラブをどのようにアレンジして使うか、そのためには自分はどのように握り、構え、打たなくてはならないのかが大事になってきますので、開いたり、閉じたり、立てたり、寝かしたりとクラブヘッドのロフトやフェース角を変えたり、ライ角やグリップの仕方を変えたり、ボール位置やスイング軌道やコッキングを入れたりしながら入射角を変えたりと様々な組み合わせを行いながらトライしていきましょう。

トライすれば分かると思いますが、打ち出す方向や高さが変わったり、スピンが掛ったり、掛らなかったり、弾道の勢いにも変化が出てくることが分かるはずです。

トライした結果、得手不得手が出ても気にすることはありません。この組み合わせが上手くいく、いかないと覚えることが大事なのであって、それが出来るようになるのとは別の事だからです。アプローチで寄らないのは、その状況下で合わないことや出来ないことで対処しようとするから結果として寄らないことになるのであって、こうしなくてはならないといった思い込みだけで行動すると大きなミスになるということを未然に防ぐことを出来るようにしていくことが寄せるための第一歩にも繋がります。

アプローチで考え方や技術の引き出しを作ることが出来るようになったら、今度は距離を伸ばして遠くからであったり、風など見えないけれど感じるものであったり、ターゲットに対してどう対処していくといいのかを検証しながらトライしていきましょう。傾斜にどう当てるのか、どう相殺させるのかなどしながらボールコントロールの楽しさを覚えられれば、今までと違ったゴルフが展開されていることに気付くはずです。

黒田正夫

Page Topへ