レイアップの感覚を磨こう。

レイアップの感覚を磨こう。

ドライバーショットでの大きなミスを防ぐため、またはロングホールの3打目を打ちやすい場所にポジショニングするため、林や谷などライや傾斜によって条件が著しく悪い状況など、無理をせず、次打が打ちやすい場所に刻むことをレイアップと言いますが、このレイアップが上手くハマった時は、ゲームの押し引きが出来ているといっていいでしょう。今回のお話は“レイアップの感覚を磨こう”です。

一打ごと、常に戦略を練ったものに対して実行するということから考えるとレイアップはコースマネジメントの根幹となるものと考えます。プロや上級者はカップがどこに切っているかによってホールの攻め方を変えるといいます。カップに対してどの方向から攻めると一番難易度が低く、かつストレスなく攻めていくことができるのかということですが、ショット技術が高いから出来るのだという発想はなくしましょう。

確かにショット技術によって、コースマネジメントの仕方は変わりますが、レイアップの感覚を磨けば、技術が多少劣っていても各ホールを少ない打数でプレーできるようになります。いかに少ない打数でそのホールをプレーできるか。そのためにどうすればよいのか。まずは、各ホールでティーショット、セカンドショット・・・とそれぞれのショットに対してどのショットに力を注ぐべきかを考えましょう。

ドライバーの飛距離に自信のある方であれば、そのアドバンテージを大きく取ってより短い距離で攻めることが前提となりますが、飛ぶけど曲がるという人であれば、どちらに曲がる傾向があるのか、曲がった場合、その方向にトラブルになる要素がどれだけあるのか。そのトラブルに対してクリア出来得るだけの技術を持ち合わせているのか。そこに不安があるのであればレイアップするなどの対処が必要となります。その場合、多少距離が残っても他の人よりも短い番手で攻められる優位性は変わらないので自信を持って振れる番手に落として攻めるようにしましょう。

飛距離には自信がないが、方向性やショートゲームには多少なりとも自信がある方であれば、必ずしもグリーンオンを狙う必要もなく、距離が残ってしまうホールであれば、レイアップして得意な距離から攻めるということも視野に入れながらプレーするといいでしょう。

トラブルになった時のレイアップ方法は、まずは上空も含め360°見渡し、いくつルートがあるのかを探りましょう。隣のホールから攻めることもあるでしょうからトラブルになった時ほどレイアップの技術が必要です。例えば、林に入ってしまった場合は、木々の密集具合によっては、なかなか上空に隙間を探すことも困難であったりします。この場合、低いボールで攻めることが要求される訳ですが、チョイ出しではなく、残りの距離をコントロールするだけの考えを持ち合わせていれば、低く打ち出しながらも斜めに遠くにとレイアップすることになるでしょう。また、谷に落ちてしまった場合は、逆に高いボールを要求されることの方が多くなりますから、距離と高さの両天秤が図られる選択となるでしょう。

レイアップ時の注意点としては、刻むイメージがあるので、コントロールしようと振りが極端に鈍くなる傾向に陥らないようにしましょう。レイアップする場合は、何ヤード打って何ヤード残すといった考え方が基本になりますので、その場所でのフルショットをベースとしてクラブ選択をしましょう。

レイアップの技術のレベルとは、難しいクラブで難しいショットを打ちなさいということではありません。出来るだけ簡単に事を運べるように次の一手も考えながらショットを選びなさいと言っていることなので、ショット技術よりかは考える力にどれだけの力量があるのかといった方が重要です。レイアップの技術を磨いてゲームプランに攻めと守りのバランスを取り入れましょう。

黒田正夫

Page Topへ