ピン位置の逆サイドから攻めよう。

ピン位置の逆サイドから攻めよう。

ピンの位置によってプロや上級者はティーショットのポジショニングを変えています。「ティーショットを思い通りの場所に置いてセカンドショットでピンを攻める」、このようなマネジメントをしてみたくても、なかなか思うようにはいかないものです。それでは、ティーショットは気持ちよく振って、セカンドショットからの攻め方を考えて、負担を少なくしていくといった考えではどうでしょう。今回のお話は、“ピン位置の逆サイドから攻めよう”です。

コースマネジメントのひとつとして、ドックレッグのホールは曲がり角ではなく、反対側の広い方に打ちなさいといったものがあります。その方が「距離は残ってもセカンドショットでコースを広く使えますよ」といったことですが、この考え方でグリーンを狙うセカンドショットにも応用していこうということです。

セカンドショットで、残りの距離を問わずピンを狙う攻め方をする人もいますが、これを否定するものではありません。このような攻め方をする人は、一見無謀に見えても反応で危機管理している場合があるからです。その場合、グリーン周りの状況が観察されていて、外してもいい所を抑えていれば問題はないと思いますので、どんどん攻めるプレーを磨いてもらえればいいと思います。

セカンドショットで、そのような観察がなかったり、危機管理もされていない、ただ闇雲にというか猪突猛進というか、ピンしか狙っていなくて、その後に痛い目に合っていてスコアを乱しているのであれば、いつもの攻め方を再考することになるでしょう。

セカンドショット以降の攻め手が後手に回らないようにしていくためには、距離が残っている場合とそうでない場合に分けて考えるといいでしょう。

まず、グリーンは狙えるが距離が残っている場合ですが、ピンの位置がどこであっても、グリーンの花道のラインに打ち出していくことを基本とした方がいいでしょう。グリーンの花道から攻めていくことでハザードを避けることにも繋がることになりますし、届かなくてもハザード越えに攻めることがなくなるため、次のショットの難易度も下がってきます。

次に、ピンは狙えるが距離が残っている場合ですが、この場合はピン位置の逆サイドから攻めるように考えることが大事です。当然ながら、持ち球や傾斜・ライ、風などを考慮しなくてはいけないのですが、ピンの逆サイドにボールが集まるようにしていくように考えることが大切です。

逆サイドとは、ピンが上下左右に振ってあっても、結果グリーンセンターに集まるようになってくるので、例えグリーンを外してもランディングエリアが確保され、アプローチの難易度は下がってきます。

最後に、ピンが狙えて距離もない場合ですが、ある程度ランを計算に入れて転がして攻めていくのであれば、ラインは浅目に狙っていくようにしていきましょう。ショート気味の場合は、垂れて上りのパットが残るようになります。キャリーで狙っていく場合は、手前から攻めようとするのではなく、ダイレクトにカップに入れるつもりでいきましょう。入らなくても上がった分、ランも少なく、1ピン以内には止まってくれるはずです。

このように、セカンドショットからの攻め方を考えて、負担を少なくしていくといった考えは、残った距離によっても攻め方は変わる訳ですが、距離が残れば残るほど、ターゲットは絞りつつも安全な攻め方になります。つまり、自分に期待するハードルを少し下げて設定することが大切だということです。

ピン位置の逆サイドから攻めるということは、広いエリアから攻めることになるため、必ずクリアできそうだと感じられるようになってきます。そういった意味では、冒頭に触れたようなドックレッグホールの攻め方に似ていないでしょうか。若干距離が残っていても、常に攻めながら守ることができたら、コースマネジメントがコントロールされていることになります。

黒田正夫

Page Topへ