まずはクラブと腕を動かそう。

まずはクラブと腕を動かそう。

ボールを飛ばすのはクラブヘッドであることが知っているにもかかわらず、身体を一生懸命に揺すったり回したりしながら腕とクラブを動かそうとする人が多くいます。300g前後のドライバーから500g前後のパターまでの重さしかないクラブを振るのにそんなに身体を動かさないといけないのでしょうか。今回は“まずはクラブと腕を動かそう”というお話です。

ヘッドスピードが出ないうえに大きく曲がってしまうなどの症状が出ているようでしたら、腕は使ってはいけないといった教えが邪魔をしているのか、身体を揺すったり回したりすれば腕を動かさなくても自動的にクラブの速度が上がると勘違いしているのかとなっている可能性がありますので今一度チェックをお願いします。

スイング理論の中で、腕は使ってはいけないといったものが多く存在しますが、これらの言葉がスイングを迷路に導く悪魔のささやきになり、負のスパイラルに足を踏み入れることになるのでしょうか。正しくは、「腕だけに頼るほど使い過ぎてはいけない」といったことであり、腕を使ってはいけないということではないのです。

腕を使わないようにするから他の部位で補おうとするのでスイング全体のバランスが崩れることになるのです。そのような考えを払拭する意味でも、まずはクラブを腕だけでクラブを動かしてみましょう。

手首も使っていいですし、振り上げてトップの位置になった時に左ヒジが曲がっていてもいいでしょう。どのような角度でクラブを振ってもらってもいいです。どうでしょうか。腕とクラブが一体になり、こう振ってみようと思ったとおりに身体の他の部位も追随してくるのではないでしょうか。思ったようにクラブを振るということはそういった感覚ということになります。

右手でも左手でも主導権がどちらかにあってもOKです。逆にどちらの腕に主導権があるのかを知ってもらいたいくらいです。押し手が強いのか引き手が強いのか、両手のバランスはどうなのか、腕に意識がない人は、腕の振りが出来ているかも希薄になっているため、クラブの取り扱いの仕方、特にフェースコントロールに対しての意識が限りなくなくなってしまう傾向があるため、自分の事を知るうえでもチェックすることはしておいてください。

右打ちの人で右手に主導権があり、両手のバランスが崩れてしまうほど頼りすぎてしまうとクラブを振り下す時にスイング軌道がズレてアウトサイドインになって、弾道がスライス傾向になる場合があります。だから左手に意識を持って振るようにすることがいいといった理論がありますが、パワーのある右手を殺して左手とのバランスを取るといった手法を用いることになるので、この手法を用いる場合は、有り余るパワーを殺してでもコントロールを重視することの方が上手くいくといった場合は採用すればいいというくらいの気持ちで捉えられるといいでしょう。

なぜ、パワーを落とさないといけないのでしょうか。本来であればパワーは落とさないようにすべきではないでしょうか。クラブも進化し、飛んで曲がらないと謳っています。曲がりづらくなったクラブだからこそパワーは全開でいいのではないでしょうか。

前述のような症状であれば、右手の使い方を片手打ちなどのドリルでパワーを放出する方向やタイミング、関節を使う方向を修正する手法を用いればきっと上手くいくはずです。クラブをコントロールするためには、そのジョイントしている部分であるグリップを含めた腕の使い方はスイングに大きな影響を及ぼします。

クラブの動かし方によってどのように腕が動くのか、腕の動かし方によってどのようにクラブが動くのか、グリップの仕方によって腕とクラブの動きはどのように変化するのかを知ってからでも身体の動かし方を覚えても遅くはありません。まずはクラブと腕を意図通りに動かしてみましょう。

黒田正夫

Page Topへ