下半身はターボチャージ。

下半身はターボチャージ。

様々なスイング論の中に必ずあるのが下半身主導。腕は受動的に考え、下半身は能動的であると言われています。この考え方は間違いではありませんが、拡大解釈や勘違いをして、下半身だけを動かして腕は動かしてはならないという考えになっているようでしたら、まずは逆転の発想から始めてみるのもいいでしょう。
今回のお話は、“下半身はターボチャージ”です。

バックスイングでもダウンスイングでも下半身→上半身→腕→クラブと運動連鎖が行われていくからということが下半身主導で腕&クラブを動かしていくということに繋がるわけですが、下半身を一生懸命動かしているのにもかかわらず、上半身からクラブまで意志が伝わっていないようなスイングになっているようでしたら“下半身はターボチャージ”くらいのイメージに変えてみましょう。

下半身のターボチャージが掛らなくなると飛ばなくなるのではないかといった危惧をされる方もいらっしゃると思いますが、車に例えるならば、ただ闇雲に足でアクセルを一杯に踏み込んでターボチャージを掛けていても腕でハンドル操作をまったくしないのでは事故を起こすことに繋がることと一緒で、全体のバランスを考えて事を進めなくてはなりません。

ですから、一旦下半身を受動的にし、腕を能動的に動かしてみましょう。ドリルとしては両足を閉じてスイングしてみると感覚が解りやすいのではないでしょうか。腕を能動的に動かし、クラブを振るだけで上半身や下半身はそれにつられて必要最低限の動きをしてくれます。小さく振っても大きく振っても、早く振っても遅く振っても、上半身や下半身は必要な分、動いてくれていることが確認できるはずです。

それでは、このままボールを打つとどうなるか。ボールは思いのほか遠くまで飛んでいってしまいます。当然、最大飛距離とはなりませんが、7~8割がたの飛距離を出すことが出来る筈です。もし、このドリルでまったく飛ばせないのであれば、スイングは下半身だけを動かして腕は動かしてはならないという考えに偏りすぎている可能性があるので注意が必要です。

基本的には上半身よりも下半身の筋力の方が発達しているので、腕を振り、クラブを動かすということに最初はこんなに力を入れてもいいのと感じるかもしれませんが、全体的なバランスが整ってくると、その違和感もなくなってくるはずです。これが出来れば、腕とクラブを受動的に動かせる準備が整ったということになります。

準備が整ったら、能動的に下半身を動かしてみましょう。まずは両足を閉じたままでいいので下半身を左右・前後・上下、どの動きでもいいですから大胆に動かしてみてください。当然、足を閉じているわけですから大胆に動かそうとしてもバランスに限界がありますから、極端に動かすにも制限があります。

しかしながら、そんなアンバランスな状況であっても、いずれかの動きの中に動いてもバランスが取れて、かつスイングができ、スピードを上げられる動きがあります。それがその人にとってのメインエンジンとなる可能性が高くなります。続けて、足を広げながらメインエンジンとなる動きを稼動していきましょう。

下半身の可動域が広がるにつれ、ターボチャージが掛ってくることが実感できるようになってきたら大正解です。当然ながら、下半身にターボチャージを掛けたら上半身→腕→クラブと運動連鎖が行われていっているのかも確認してください。

コースに出たら、下半身のターボチャージをフルスロットル状態で掛けるのは、足元のバランスが整っていることが条件となりますし、上半身の体幹力の強さも必要になります。ですから、下半身→上半身→腕→クラブの運動連鎖を阻害しないように心掛けて、全体のバランスを整えながら、それぞれのアクセルを必要な分動かすようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ