飛ばす技術はウエッジ使いで磨こう。

飛ばす技術はウエッジ使いで磨こう。

アプローチは距離をコントロールするため、距離を出さないようにするための考えが多いため、インパクトでパワーをいかに分散させるかといった動きをさせられることになります。実はその動きがロングショットの飛距離不足に繋がっていたらどうでしょう。アプローチの練習も工夫すれば飛距離アップに繋がります。今回のお話は“飛ばす技術はウエッジ使いで磨こう。”です。

インパクトパワーを分散させるということは、距離をコントロールするわけですから決して悪いことではありません、その技術を磨くことは絶対に必要なことだからです。ただし、これはある程度、自身のポテンシャルとおりに飛ばせられるようになってからでも遅くはないでしょう。そのためには、アプローチでもボールを捕まえる技術が必要です。

その捕まえる感覚はウエッジを使って磨くことをお薦めします。インパクトパワーの集約はクラブヘッドのローテーションにあります。クラブヘッドはそのように使うように造られています。ですから、アプローチでは、「ローテーションを抑える」といったことが主流の考えですが、あえて“ローテーションを加える”ように仕向けていく考えにシフトしていきましょう。

ウエッジ類は元々捕まりやすい特性を持っています。その特性を抑えることなく使用すれば、おのずとローテーションを加えようとしなくても行われてしまうことになります。つまり、ローテーションを抑えるというようなことはクラブの動きと相反する動きを用いようとするため、制御していることに繋がり、その制御をするためにグリップ圧が上げたり、手元を流したり等々、ロングショットの飛距離を司る動きを阻害してしまう動きを行うことになります。このように、アプローチでの抑える動きや逃がす動きは、飛距離を伸ばそう、飛ばそうということに対して百害あって一利なしといったことになりますので、ただ単にアプローチのセオリーに則った考えでの行動は注意が必要です。

そのようにならないためには、アプローチではインパクトを集約させた最小のスイングを創り上げ、それよりも飛ばさないようにしなくてはならなくなった時に初めて飛ばさない技術を考えるようにすることが大切になってきます。つまり、アプローチでもインパクトパワーの集約を常に考え、飛ばしながら距離をコントロールするといった考えを持つ方が全体を上達させる道にもなってきます。

そのための練習方法ですが、スイングやグリップ等のタイプによっても異なりますが、弾道が限りなく縦にドローしている左回転に変えるとしたらどのようにする方法が良いかを考えてもらうことが重要でしょう。人それぞれスイングも違えば、グリップの仕方も違うため手法は問いません。クラブヘッドを回転させながらボールを包み込むように使うためには、腕を含む身体をどのように使えばいいのかといったことに主眼を置いて練習していただければいいでしょう。

弾道が縦ドローになるようにしていく過程ですが、最初は大げさにフックを打つようにしていきましょう。ウエッジを使用し、スクエアに立ち、ボール位置はスタンスの真ん中に置き、自身最小のスイングアークで打つようにしてください。最小のスイングアークで打つ訳ですからフックを打とうとしてもそんなに曲がりません。最大で30°くらい左に飛び出す程度でしょう。

この動きが出来たらボール位置を右にズラしてみてください。初速がある球足の長いアプローチになるはずです。それが確認できたらボール位置を徐々に真ん中に戻しつつ、クラブヘッドのローテーションを縦ドローになるような調整をしてもらえればOKです。このようにインパクトパワーの集約を目指すことは、スイング全体の質を上げることにもなりますので、アプローチはスイングの最小版といった位置づけで取り組むといいでしょう。

黒田正夫

Page Topへ