ボールとの距離感を磨こう。

ボールとの距離感を磨こう。

コースと練習場での環境条件の違いで圧倒的に違うのは傾斜が存在するということでしょう。コースに出るとトップやダフリが出てしまう人は、そうなる原因がスイングにあると考える前に環境条件によるものに対してどのようにすると対処できるようになるかを考えてみましょう。今回のお話は、“ボールとの距離感を磨こう。”です。

もともと人間の目は、ボール位置が横にズレる分には視覚的に認識しやすいのですが、縦にズレることによって認識しづらくなってしまう傾向があります。ゴルフをしているとコース幅に対しては、広いとか狭いとかを感じやすいですが、縦の距離に対しては錯覚が起きやすく、距離感が上手く掴めないことはよくあることです。このような事と同様にスイング時においてもボールを上から見下すようにアドレスしておいて、そこからスイングを始めることを考えると事前にボールとの距離感を持っていないと打点が縦にズレやすくなるのは当然といえば当然と言えるでしょう。

しかしながら、この視覚的な認識をしづらいまま放置していてはダフリやトップのミスを誘発することになるわけですから、コースでは観察、準備をしっかり行う習慣を、練習場ではボールとの距離感を磨くためのトレーニングをしていきましょう。コースでは、ボールの位置が確認できたら残りの距離だけではなく、ボールの傾斜やライを観察していくわけですが、その他に芝生の目や長さ、地面の硬さなども観察対象になることも忘れないようにしましょう。

まずは傾斜の観察ですが、左右前後どちらの地面が高くなっているか、もしくは低くなっているかの観察をしていきましょう。左右の傾斜に対しては地面との接点が変わりやすく、前後の傾斜の場合、振る高さがあきらかに変わることになるので、これを知らないとダフリやトップを誘発することになります。

次にライの観察ですが、地面からどれくらい浮いているか、その周りの抵抗がどれくらいあるのかといったことを観察していきましょう。特にラフの場合、芝生の長さが長いほど葉先が長く、上から見るとボールの周りを囲むように芝生が生えているように感じますが、実際には茎の上に乗っていて、ティーアップしている状況と似通った場合がほとんどになります。つまり、立体的に感じていかないと「ラフだから上から打ち込む」といった安易な発想でのプレーでは上下の打点が揃わないことになります。ちなみにこの場合は、芝生の密集度の問題になるので取り違えないようにしましょう。

このようにコースに行くと様々な状況に遭遇することになります。つまり、練習場で練習する場合においてもその状況をイメージしながら事前に予習することが必要です。練習場では、ゴムティーを利用しましょう。自動ティーアップだと細かく調整したりすることが出来ますが、手作業であってもS・M・L・LLといった高さ違いのゴムティーがあるでしょうから、目的に応じて高さを変えて練習していくといいでしょう。

最初はゴムティーの高さ分だけ短く持って、クラブヘッドを浮かしてボールだけを打つ練習をしていきましょう。慣れてきたらティーの高さも変えていくといいでしょう。自動ティーアップであれば、一球一球高さを変え、クラブもいろいろ使ってみてください。ロフトの多いクラブほどインパクトポイントがシビアに感じる筈です。このような練習を積み重ねるながら、より振る高さにシビアな感じを持たせるようにしていきましょう。

フェースのどこに当てるかによってもアドレス時のボールとの距離感も変わりますし、クラブを持つ長さを変えてもカウンターバランスになり、手元に感じる重さが変わります。このようにボールとの距離感を日々の練習でトレーニングしておくことで、いろいろな高さでクラブを振れるようになっていきます。そうすれば、コースでの振る高さによるミスは激減するでしょう。

黒田正夫

Page Topへ