ラフからも上手く打てるようにしよう。

ラフからも上手く打てるようにしよう。

ラフに入ると力の限り打ち込もうとする人を見かけます。ラフは打ち込む=リキんで打つと勘違いしているからなのかもしれませんが、こんなことをしてしまうのであれば、逆にラフからの打ち方など何も知らないでフェアウェイと同じようなスイングをする方がいいでしょう。それではどのように対応していくといいのでしょう。今回のお話は“ラフからも上手く打てるようにしよう。”です。

ラフに入ると力の限り打ち込んでしまうクセをお持ちの方は、バンカーでも同じことをしてしまう傾向があります。芝生や砂の抵抗に負けないようにしようといったことでの行動ではないかと思いますが、それでは抵抗があるものに力強くクラブヘッドを叩きつける行為をしたらどうなるでしょう。答えは“抵抗はより強くなる”ということです。このことが頭に入っていないとラフからのショットは上手くいかなくなります。

確かにプロの試合を見ると上からクラブを打ち込んでいるように見えますが、これはラフの密集度が高く、普通に振っては芝生の抵抗に負けてしまうため、出来るだけ抵抗を減らす工夫をしているだけであって、上からクラブを入れざる負えない状況に陥ることが通常営業のゴルフ場にあるかといえば、それは皆無といってもいいでしょう。

時には、ラフの刈残し部分があって運悪く入ってしまったなんてことがあるかもしれませんが、そんな時は無理せず、ウエッジ類でフェアウェイに戻すことを優先しましょう。

しかし、クラブを上から入れるというのは間違いではありません。芝生の抵抗を減らすという観点から考えると一番、理に叶っていると思われます。その時に考えなくてはならないのは、どのくらいボールが地面に近づいているかということ。俗に“沈んでいる”といったことになりますが、ラフは元気であればあるほど葉や茎の強さが出てきます。

つまり、地面に近いところにあればあるほどクラブヘッドに掛る抵抗が強くなることになるので、どれくらいの角度の入射角でインパクトに向けてアタックさせるかということです。手法は極端にならないくらいに手首のコッキングを使うか、スイング軌道をアウトサイドインにするか、ボールの位置を通常より右に置くかを選択するといいでしょう。

この状況下でアイアンを使う場合は、フェース面をターゲットから少しズラして構えておくと、さらに抵抗が減らせられるので素振りをしながらチェックを怠らないようにしましょう。クラブを上から入れるということがあるのであれば、その逆もあるということも考えてください。

その場合は、どのくらいボールが地面から離れているのかということ。俗に“浮いている”といった状況になりますが、この場合は“下から入れる”ことになります。ラフからのショットは、クラブフェースとボールとの間に草の葉が干渉してスピンが減りやすくもなります。

そうすると、打ち出された弾道がスピン不足でドロップしてしまうこともあるため、深くて沈んでいる場合は、ショートアイアンで上から打ち込みながら打ち出しとスピンを確保することが優先される訳ですが、浮いている場合は、入射角をアッパーブローになるよう下から入れるようにしていくことで、スピン不足での浮力の足りない部分を打ち出しの高さで補うようにしていくことをお薦めします。そうすることで、ラフからのショットで危惧されるキャリー不足が解消され、スピン不足で止まりづらいボールでも高さが出ていれば止まりやすくなることにも繋がります。

このように、ラフにあるボールの状況に応じて、入射角を変えるように工夫することだけでもラフから上手く打てるようになったと感じられることになるでしょう。ラフに入ってしまった時は、まずはボールのライをしっかり確認して、ラフの抵抗を減らすにはどうしたらよいのかを考えるクセをつけるようにするのが上手く打つ最初の一歩となります。

黒田正夫

Page Topへ