意外に気付かないボール位置のズレ。

意外に気付かないボール位置のズレ。

スイングは良かったのに、アドレス時にセットしたボールの位置が悪かったためにミスショットになってしまったことはないだろうか。これに気付かないでスイングをイジリだすようになっているようだと、その日のゴルフの調子を上げていくことは風前の灯火ともいえるだろう。そうならないためにも、セットアップに気を使いたい。今回は“意外に気付かないボール位置のズレ。”という話をしたい。

ボールの位置はとても重要だ。いくらいいスイングをしてもインパクトするべきパワーポジションにボールがないのでは、伝わるパワーも効率的ではなく、飛距離が期待できなくなるうえに、当然フェースの芯を外したミスヒットになりやすく、その結果フェースの挙動が悪くなるので、ボールも曲がることに繋がる。それではボールの位置はどこにあるのが正解なのだろうか。

大きく分けるとスイングタイプや環境条件、クラブ別といったことになるのだが、最終的にはそれらの組み合わせになるので、それぞれの推奨位置を頭に入れておいてほしい。

まずは、スイングタイプだが、利き目と主導する腕、さらに軸足とフットワークによってもそれぞれ区分けがあるためボール位置も変わる。利き目によっては左右のどちらに置いておくと飛球線に対してズレがないのかになるが、分からない場合はボールを身体の真ん中に置いて片目をつぶってみてほしい。景色にズレがない方が利き目になるので、そちらを主体としてほしい。

主導する腕は、どちらの腕を主導するにしても肩が支点になるので、左腕が主導であれば、ボール位置は左に置くことが自然になるだろう。どちらか分からない場合は、肩の下にボールを置いて片手で振りながら打つと振りやすさを感じられるだろう。

軸足が左にあってフットワークは左右にシフトしながら推進力を作るタイプであればボール位置は左になる。軸足が分からない場合は、片足立ちで振って安定するほうになり、フットワークは左右、前後、上下となるので動きやすい動きをメインに考えるといいだろう。

それらを組み合わせると、左目が利き目で左腕を主導とし、軸足が左でフットワークは左右へのシフト系となる人は、左脇下や左足かかと線上にボールがセットされることになってくる。逆の例えでいえば、右目、右腕、右軸、前後の回転系のスイングタイプだと左にボールを置くと左に巻いた弾道になりやすくなるので真ん中から右寄りにボール位置があるとしっくりくるはず。

このようにスイングタイプによってボール位置は異なってくるのが自然である。ちなみに、コースに出ると環境条件やクラブ別によってもボール位置は変わってくる。例えば、左足上がりに対しての垂直軸は右に傾くが、その傾いた軸下にボールを置くことになっても気になる人とそうでない人がいる。

傾斜による傾きと自身のスイングタイプが合っていない場合、軸の傾きに修正を図るためにアドレスでの体重配分や体勢を変えて対処することになる。さらに、その時に使用するクラブの特性、打ちたい弾道によっても、ボールの位置は微調整されることになる。

ここで注意してもらいたいのが、ボール位置に合わせてポジショニングを調整したのか、それとも振りやすいポジショニングに整えたのかによってボール位置が決定されたのかが問題になってくる。

ボール位置のズレによってミスショットになってしまったと考えられれば、スイングを疑うこともないのだが、漫然とズレたボール位置に合わせてスイングしているようだと、常にバランスやリズム、タイミングがズラされながらスイングすることになるので、いつもスイングに不安を持つことにもなるだろう。どちらに問題があるにしても自分のスイングに疑心暗鬼になることにも繋がるので、ボール位置はしっかり整理しておくといいだろう。

黒田正夫

Page Topへ