ラフからのショットは経験値を増やすしかない。

ラフからのショットは経験値を増やすしかない。

入るならバンカーのほうがいいというプロもいるなど、ラフからのショットは難しい。芝の抵抗により打ち出されたボールがどれくらい飛んで、どのような挙動を起こすのかが予測しづらいのが原因だが、ラフからのショットを成功に導くためには、どれだけの経験値があるのかが大事になってくる。今回は“ラフからのショットは経験値を増やすしかない”という話をしたい。

普段の練習でもラフからのショットを経験することは皆無に近い。つまり、ラウンドの経験が乏しい人ほど苦手ではないかと思われる。しかしながら、ラフではどんなことが起きやすいのかを頭に入れておかないと痛い目に合うことになるので、しっかりと情報を収集するようにしたい。

実際には、ラフで何が起きるかは自分で打った結果を分析してフィードバックすることになるのだが、最初に頭に入れておきたいことは、ラフは“抵抗を予測”しておかないといけないということである。ラフの抵抗には様々な要因がある。芝生の長さや密度、芝目の向き、ボールの沈み具合、芝の質などが関係してくる。

それでは、このような様々な状況下でどのように対処すればいいのだろう。芝生が長ければ長いほど、穂先などがシャフトに絡みついたり、ネックに葉先が絡みついたりしてクラブフェースの挙動が安定せず、打ち出しから左右に持っていかれることになる。この場合、素振りの段階で抵抗によってフェースがどちらの向きに向けられるのかを判断することが重要になってくる。絡みついてフェースが被るのであれば右向きを向くなどアドレスの向きで対処したい。

密度があればあるほど、ヘッドスピードが減速させられ、ボールの初速や打ち出し角が確保されず、飛距離が極端に落ちることになる。この場合、どうしてもボール初速は落ちることを前提として考えなくてはならない。さらにバックスピン量が減らされることでボールは良く転がることになる。これを踏まえ、打ち出し角を確保できるクラブ選択をしたい。

芝目の向きも順目ならばそれほど抵抗が掛からないが、逆目であれば相当な抵抗になるし、横目であればフェースの挙動に影響が出てくる。この場合、できるだけフェースに直接コンタクトしたいため、フェアウェイバンカーのようにトップ目に打つか、ボール位置を最下点より手前にセットするなどの工夫をするといいだろう。

ボールがラフの中に沈んでいるほど芝に食われて飛ばなくなる。ある程度、浮いていてもスピン量が減り、転がりやすく距離感が合いづらい。この場合、ボールの手前の芝生の量や地面からどれだけ浮いているのかをチェックしたい。ヘッドを通す高さを見誤ると大きなミスに繋がるので、どの高さを振るのかをしっかり見極めたい。それとともに入射角にも気を配るといいだろう。どの角度でコンタクトすれば芝生の抵抗が少なくできるかも併せて考えたい。

芝の質も種類や水分含有量によっても重く感じられてくる。この場合、その地域特有の芝や朝露や雨上がりなど、乾いているときよりも抵抗が掛かってくるので、アイアンであればフェースを開いてセットアップ、FP値の大きいUTであればロフトが多い方を選択すれば抵抗を受け流せるだろう。

このように、何が起きるかを事前に予測しておくことがショットの成功に導くことに繋がることになるとともに、ミスショットになったとしても保険が掛かっている分、大きなミスになりづらく、次のショットに繋げられることになる。力のあるプレーヤーであれば、グリップをしっかり握ってフェースの挙動を制御することはできるかもしれないが、手首のけがに繋がる可能性があるため、あまりお勧めしない。ヘッドスピードによっても結果が変わりやすいのがラフからのショットのため、実際にショットした経験値をいかに増やせるかが鍵となるだろう。

黒田正夫

Page Topへ